出陣の賦

降魔調伏

インフルエンザ、ダメ、ゼッタイ。

長すぎたバス待ちのせいで、また風邪拾ってしまった。この冬、何度めなんだろうか?これ、インフルエンザじゃないとイイんだが。この冬だけで、インフルエンザなるなる詐欺を何度も繰り返したかもだけど。もうそろそろワクチンの効き目が切れる頃なんで、気張って養生しないといけないなと思う昨今。

 

んで、インフルエンザが初めて猛威をふるったのが1918年。当時は「スペインかぜ」と呼ばれてたんだけど、その経緯がひでぇ。前回の投稿で取り上げた「1918年最強ドイツ軍はなぜ敗れたのか」にも取り上げられてたんだわ。

 

1918年、アメリカで今で言うインフルエンザが大発生。折しもその頃、ようやくアメリカが第一次世界大戦に本格参入した頃で。10万人単位の兵士がヨーロッパ大陸に上陸したら、そりゃ大流行するわな。

 

だがしかし、戦時中に「自国で謎の伝染病が流行中」みたいなニュース流せないじゃん

。それ知った敵が調子に乗って攻めてくる可能性が高いじゃん。よって、戦中国であるドイツ・フランス・アメリカでは検閲に引っかかって黙殺され。当時中立国であったスペインでようやくマスコミで取り上げられたから「スペインかぜ」と呼ばれるようになったんだと。

 

これよー、あの頃うっかりドイツに生まれてて。徴兵されて1918年に西部戦線に配属されて、不毛な戦いで消耗してるトコにインフルエンザかかったら。たぶん、こんなモンでは済まされない。

 

兵卒:Uberkegener Offizier,Ich habe mich erkaltet.

(上官殿、私は風邪ひきました。)

上官:Sei nicht albern,Ich Hunmoldt das unchi!

(ふざけるな、ふんばってクソして寝ろ!)

兵卒:Heute,Ich gute sterben.

(今日も元気にステルベン!)

西部戦線異状なし、ひでぇ。

 

ただ、西部戦線の数多のひでぇ作戦より。我が帝国陸海軍の特攻作戦のほうがよっぽどヒドかったんですよね。最近、人間魚雷こと「回天」の乗組員ってどんな気分で闘ったのかと思うとひでぇ気分になれるし。それ立案した連中が、戦後ぬくぬく生き延びたと思うとやるせなくなるよナー。

 

なんかもう収拾つかなくなったけど、Peace&auf Widersehen!

 

したっけね。

 

銃・病原菌・鉄 上巻

銃・病原菌・鉄 上巻