出陣の賦

降魔調伏

年収200万円以下のウチに生まれた子でもできる腕時計電池交換

昨日の投稿、書いてるうちに腕時計の電池交換への思いが高まってきた。腕時計の電池交換、これは思わぬネックとなるかもしれない。3年前、チープカシオがブレイクしたのはイイんだけど。そろそろ新品で買ったブツの電池が切れてくる頃なんじゃないか?

 

チープカシオ、それも実売価格1000円のMQ-24買った奴がね。電池が切れてお店に電池交換頼むと、たいてい料金1000円超えなんですよ奥さん!

→なら、新品買うよな?

 

ちょうど手持ちのMQ-38が電池切れしてたので、自分でやってみた。

 

用意するものは

ボタン電池(SR6215SW)

ピンセット

マイナスドライバー(幅5ミリくらい)


f:id:molotov1973:20180208225224j:image

→電池は300円、ピンセット&ドライバーは100円ショップで用意できる。お得。

 

行程①

本体をひっくり返して、マイナスドライバーを本体のお尻のツメに入れて蓋をこじ開けます。


f:id:molotov1973:20180208225237j:image

行程②

矢印部分をピンセットで脇にずらすと、ボタン電池が勢いよく飛び出します。

 
f:id:molotov1973:20180208225253j:image

行程③

新品の電池を埋め込んで、件の矢印部分を定位置に戻すとミッション完了。

 
f:id:molotov1973:20180208225304j:image

まじめな話、チープカシオのウリである日常生活防水機能。いざ蓋開けると

「こんなうっすいゴムパッキンで防水できてたのか・・・。」

→素人が下手にイジると、CASIOが求める機能が損なわれるかもだから自己責任でやれよな、と言うしかないんだけど。

→実際やってみると、チープカシオへの愛情が湧いてくるよ。

 

そんなこんなだから、まーたチープカシオ買ってしまった。4月になれば、奴が出るかオレが出るか。カブリ解消だからDW-5600買うかもだ。なんか、こんなに買いすぎてお買い物依存症かとも思うんだけど。たぶんこの現状、4月になれば解決できると思うわ!

 

したっけね。

 

(追記)

小学生の頃、余りにウチが貧乏すぎて。将来、絶対に食いっぱぐれが無さそうな業界を自分なりに考えた結果。

・ガソリンスタンド

・時計屋

って結論になったんだけど。コレ1980年代としてはイイ線いってたと思うけど、うーん。斜陽産業じゃん、あと20年すれば市場そのものが無くなってるかもナー。時代の変化、ハンパないな。