出陣の賦

降魔調伏

手嶋龍一 佐藤優「独裁の宴ー世界の歪みを読み解くー(中公新書ラクレ)」

オレ、佐藤優オタなんで。まーた相変わらず佐藤優氏の新刊押さえて拝読して、いつもの佐藤優節にうなってしまった。

 

今回は元NHKワシントン支局長の外交ジャーナリストである手嶋龍一氏との対談のテイを取りつつ、トランプ・金正恩習近平など現代の独裁者談義って話なんだけど。つくづく21世紀は民族と宗教で揉める時代なんだなって実感、オレ昭和40代うまれ冷戦時代育ちだから。1980年代、人々が核戦争で一瞬にしてこれまでの暮らしを失うリスク込みで生きてたこと知ってた。

 

あの頃、資本主義と社会主義の対立が世界にあって。

1990年代のベルリンの壁崩壊を機に世界が平和になるかと思ったら、いまこのザマなんですよ奥さん!

 

いま、民族と宗教が揉めるキーワード。

オレも、藤原家秀郷流の末裔かつ曹洞宗門徒として自分なりに世間を引っかき廻すゾ

ー。いがったぁ♪

 

したっけね。

 

独裁の宴 - 世界の歪みを読み解く (中公新書ラクレ)

独裁の宴 - 世界の歪みを読み解く (中公新書ラクレ)