出陣の賦

降魔調伏

風邪/-17℃/司書/新幹線

風邪/-17℃/司書/新幹線

 

風邪、治らん。

金曜日。無理して丸一日出勤したら、3人くらい伝染してしまった。

 

この時期、「休めない日も朝と夜だけ飲めば効く」系の市販の風邪薬のCM観るたび「そんな薬飲んで出勤しないで休めよ」と言いたくなるんですが。休まなかったせいで、無駄に感染者増やしてしまったような気がするんですが。まだ治ってないんですが、月曜日も休めない。

 

市販の風邪薬といえば、最近「パイロンPL顆粒」のCMをやたら観るようになった。PL顆粒って、風邪ひいて病院行くと間違いなく処方されるアレで。服用すると、眠くなるわ頭がボーッとするわ、ダルくてダルくて最終的には魂が身体から脱げそうになるヤベー奴という認識だったけど。アレが市販化したらどん塩梅なんだろう。もし風邪が長引くようであれば、試しに買ってみっか。

 

あ。あとPL顆粒のPLってパイロンの略だったって今頃気づいて結構恥ずかしい、オレの頭はお花畑。パーフェクト・リバティだぜ!

 

風邪/-17℃/司書/新幹線

 

また金曜日のハナシ。

あの日、寒波の影響で。実家に帰る峠越えの道が悲惨。夕方7時に-17℃って、生まれてはじめてかも。ったく、どこ海道なんだよと言いたい。氷結した峠道をスタッドレスタイヤが丹念に磨き上げるから、まるで鏡のようにツルツルで。もうまっすぐ進める訳がない。また来週寒波が来ると云うから、用心すねばな。

 

風邪/-17℃/司書/新幹線

 

な、状態だけど出張行った。

早い話が特殊業界の勉強会なんだけど、いろいろタメになる話がいっぱいで興味深かったんだけど。パネル・ディスカッションに出てた同業者のトップランナーである、登壇者たちを観てて思った。

「こいつら一体、なんぼ貰ってるんだろう?」

と、いうのもオレ。小さい時から図書館が大好きで図書館の司書になりたかったのに、親に全力で止められた経緯があって。

理由:給料少ないから。

→まっ、その親の年収がアンダー300万円だったんですけどね!

→斯界お馴染み「自己犠牲精神」で、待遇の割には高すぎるハードルを課されてない事を願う。

 

風邪/-17℃/司書/新幹線

 

そういえばそうだった。

大雪のせいで東京すら真っ白だったから、出張地・フグスマも雪の中だった。地吹雪の中、いつもと同じスピードで駆け抜ける東北新幹線尊い。前日ツルツルした凍結路で苦労したから、その価値がわかる。

 

ありがとう、東北新幹線

これからもよろしくね、東北新幹線

 

四月から、毎日乗れるかもというチャンスを楽しみに生きてます。

 

したっけね。