出陣の賦

降魔調伏

後期高齢者でもわかる応仁の乱

 実家に帰ったら、母(後期高齢者)にあげた呉座勇一「応仁の乱」が久々にテーブルの上に。あー、母ちゃんまた「応仁の乱」読み直す気になったんだ。

 

応仁の乱」、あんなに面白いのに。母ちゃんが挫折してしまった理由もよくわかる。

・長年続いた大乱の割に地味

・登場人物が多すぎ&同族内乱もアリなので、同じ名字の人物が多すぎて誰が誰だかわからなくなってしまう。

桶狭間の戦いだの中国大返しみたいな、ス カッとするシーンがない(まっ、戦自体がスカッとしないんですが)

・展開がグダグダすぎる

応仁の乱に関する第一級資料が、大和国興福寺の偉い僧である経覚・尋尊の記録なんだけど。いかんせん都から離れているから情報が速く正しく伝わらず、いつもいつもフェイクニュースに踊らされている感あり(今と変わらんな)。しかも、大和国そのものが内紛ぐだぐだパラダイスで。隣国・河内国守護である畠山氏(管領家でもあり、応 仁の乱の影の主役・畠山義就もここの当主)の介入を何度も受ける始末な事情もあることから、応仁の乱を第三者として中立的な立場として俯瞰することができないという難あり。

→これじゃ、読む気なくすのも当然だわな。

 

それなのに...。

また読み直す気になったの、なんでかな?と思ったけど、ハードディスクに録画されたリスト見て納得した。昨日放送された「歴史秘話ヒストリア よくわかる!応仁の乱」、観てたのか! こ の番組、「応仁の乱」の著者である呉座勇一氏本人も出演で「コレ書いたのは、こんな人なのか!」とレア感あったうえ。「スターウォーズ エピソード1・2・3」並に、

・登場人物多すぎ

・権術謀数多すぎ

・戦闘が長く続いた割には意外と話がモッサリしてる

そんな、応仁の乱畠山義就目線で見たらアラすっきり!

 

しつこいけど登場人物多すぎ、しかも「義」の字が入る名が多すぎの応仁の乱。義敏・義廉・義就...、もう面倒だからギビン・ギレン・ギシュウと 読んでたけど、ギシュウこと畠山義就(よしひろ)の暴れん坊ぶり、改めてヒストリア観て実感。応仁の乱でさんざん暴れた後、河内国に返った畠山義就こそが戦国大名第1号であるとの見解に痺れた。

 

んで、改めて「応仁の乱」読み返してみたら。著者、どんだけ大和国が好きなんだよ!

 

 

(本書より)

大和国を幾度も血で汚した赤沢父子は惨めな最期を遂げ、興福寺や他の大和国人を裏切って己一人の栄達を図った古市澄胤は戦場に屍をさらすこととなった。

 

ひょっとしたら、母が本書ギブアップしたの。著者の暑苦しい大和国愛だったのかもしれない。 まあね、この投稿。応仁の乱よろしく話がグダグダになってしまい、話をぶった切るポイントを逸してる感はあるんですが。これだけは言いたい。

 

★「歴史秘話ヒストリア」のMCを務める井上あさひアナが尊い大和国一国ほどの価値があるよ!

→茶器かよ。

 

したっけね。

 

応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)

応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)