出陣の賦

九州豪雨が一日も早く復興しますように

Softly「ふたりの距離」発売記念 Softly 1st Tour~0mm~追加公演 #day 2 ふたりきりのワンマンライブ

2017年8月19日。

f:id:molotov1973:20170821222557j:image

苫小牧ELLCUBEの公演最終日、バンド編成の前日とは変わって本日はSoftlyの弾き語り。結論から言うと、「インディーズ時代。二人とも苫小牧在住だった頃って、こんな感じだったんだべな。」とメジャーデビュー新参のオレでも実感できた素敵なライブだった。

 

17:00頃Softlyの二人が登場、黒TのMUTSUKIちゃんに白いフリルのトップスのHARUKAちゃん。

 

「Softly,はじまるよ。」

 

前日に引き続き、インディーズ時代の楽曲多めな中。恒例の即興コーナーのお題が、

・函館

・双子コーデ

・抹茶

→「こんなお題で曲ができるか!」と言いたくなる難局だったけど流石、いつものようにパッと作詞して会場は大ウケだった。

→曲づくりも兼ねてのフリートークのとき、MUTSUKIちゃんの「抹茶って、食べれる抹茶だよね?」の一言で、会場が微妙な空気になったことも申し添え(笑)。

→そして、MUTSUKIちゃんの双子コーデにまつわる中学時代のエピソードが...。この話は墓場へ持って行こう。

 

そうそう、今回のライブは墓場に持っていかざるを得ない話がいっぱいで。即興コーナーの後は未発表3曲メドレー、これが特に2曲めがSNS等で口外してはいけない代物で。ええ、そう言われた以上「口外してはいけない」と言われたこと自体も口外してはいけないような気もするんですが、差し支えない範囲で言うと曲が重い、重たすぎる...なんかね、「輪廻転生を重ねて生と死の境界を越えてでもあなたを愛し続ける」みたいな。言いようによっては、こんな重たい曲も作れるんだなと発見。この曲、もったいなかった。おや、オレこの曲好きなのかな?(精一杯のギリギリ表現)

→の、一方。未発表3曲め「おんぶ」が、「彼氏におんぶしてもらう女の子の曲がアルバムに入ってたら可愛いかなぁ。」と思って作ったけどお蔵入りになったんだとか、残念だけど優しい世界。

 

未発表とはまた違うけど、クラリーノWEB CM曲「小さな君」が初めて生で聴けた。それから「ア・イ・タ・イ」のボーカルをHARUKAちゃんが担当して、MUTSUKIちゃんがコーラスに徹したのも初めて生で聴けた。さっきの未発表メドレーも併せて「苫小牧まで来て良かったな」と感激!

 

HARUKAちゃんの歌って、久々だなと思ってたトコに上乗せするように。「up to you」でHARUKAちゃんが歌うことになったんだけど、歌詞が飛んでしまったHARUKAちゃん。そこに会場のみんなが合唱する一幕があって、北海道ってあったかいなと思った。あっ地元・岩手は...、そういう意味じゃないです(笑)。

 

最後の曲を終えて退場するや否や、オーディエンスが「ふたり」のフレーズを繰り返してアンコールを催促。そして、アンコールは「ふたり」。こうしてSoftlyのファーストツアーは無事終了。

 

Softlyのライブはほんと独特で。特に今回はMC中にMUTSUKIちゃんが「ホッキカレー食べに行くから」と苫小牧ローカルな理由で退場したり(実は黄T着替タイムだった)等、ところどころヘンテコな所もあるんだけど。そういうの全部含めてSoftlyなんだ、こんなSoftlyを応援していこうと思って岩手へ帰ったのだった(家に着くのに16時間かかった)。

 

したっけね。

 

ーーーーーーーーーーーー

1.おれんじ

2.ふらわー

3.たとえばあなたと

4.ポケットの

5.(即興)右が出れば左も出る

6.(未発表)ANOTHER NAME

7.(未発表)

8.(未発表)おんぶ

9.小さな君

10.あなたの隣で

11.ア・イ・タ・イ

12.恋心よあたしにきっと幸あれ

12.花言葉

14.up to you

15.Maybe~どうでもいいの~

E.ふたり

ーーーーーーーーーーーー


f:id:molotov1973:20170821222622j:image