出陣の賦

九州豪雨が一日も早く復興しますように

Softly「ふたりの距離」発売記念 Softly 1st Tour~0mm~追加公演 #day 1 ふたりと素敵な仲間たち

Softlyの初ツアーの追加公演が出身地・苫小牧にて2夜連続で開催、このツアー岩手県民なモンで。結局仙台公演しか参戦できなかったオレでも、苫小牧なら行けんべ。なんなら八戸からフェリーで一直線だべということで参戦した次第。

 

8月18日18時、会場・苫小牧ELLCUBE着。地元の小さい街のライブハウスがこんな感じで、なんかホッとする。そしてここは、Softlyがメジャーデビュー告知した聖地でもあって感慨深い。

 
f:id:molotov1973:20170820185845j:image

 

19:00開演 

紺色のカットソーのMUTSUKIちゃん、黄色ツアーTをリメイクしたHARUKAちゃん(ツインテ、いい)登場。

「Softly、はじまるよ。」

そこからはもう、いつも通りの楽しいひとときですよ社長!

 

今回は特に、MUTSUKIちゃんが体調不良で声が出ないことが心配されたなか本番ではちゃんと声が出たプロ根性。そしてHARUKAちゃんがいつにも増して噛みまくる展開で、遠方参戦した甲斐あったなと思った。

 

そして即興コーナー、

・サッカー

・夏

・苫小牧

のお題でつくった歌が

「地元・苫小牧でいっしょにサッカーしてた友達とぶつかり合った。夏嫌い夏嫌い夏嫌い!」

なる、「何があったんだ...?」と言いたくなる内容プラス「夏嫌い」連呼でオーディエンスは大爆笑。

(ちなみに、後のMCでMUTSUKIちゃんが大げんかした友達とは今も連絡取りあってて。男にふられた時だけ...って、これ以上言ったらダメなやつ!)

 

アンコールMCの物販タイムで新商品の説明をするHARUKAちゃん「(マフラータオル、)水色はもう古い!」という無慈悲(笑)な鉄槌に続けて「トートも紺はもう古い!これからは黒です!」と力説。

 

そこにMUTSUKIちゃんが「そういえば、さっきの演奏の時。HARUKAちゃん狐が憑いたみたいに弾いてたね?」と一言。

→狐なだけに、コーン(紺)と言いたかったそうです(笑)。

 

第1日めはバンド編成での公演、第2日めはMUTSUKIちゃんHARUKAちゃんの二人での弾き語りということで、どんな展開になんだべとワクワクした晩だったんだ。

 

したっけね。

 

ーーーーーーーーーーーーー

1.Maybe~どうでもいいの~

2.DRIVE

3.Girl's talk

4.ふたり

5.(即興)「バレンタイン~うまくいくと思うなよ」

6.ポケットの中

7.ロマンス

8.あなたは会えるけど全部ダメ

9.その笑

顔を見ていたくて

10.スキナノカナ

11.それでも歩く道

E.キミがいい

ーーーーーーーーーーーーー