出陣の賦

九州豪雨が一日も早く復興しますように

Softly「宮古夏まつり」

先週の土曜日、7月29日に宮古夏まつりへ行ってきた。北海道苫小牧出身、メジャーデビュー後も北海道を拠点に活動しているSoftlyにとって初の地元・岩手でのイベント。これまで北海道詣でが4回、仙台参戦が1回と遠距離参戦が続いてたトコだったので。「Softlyがわざわざ来てくれる、行がねばなんねっぺ」という一心で参戦。

 

夕方6時に現地・宮古駅前に到着、Softlyのステージは7時半。この時間に入れば最前列が取れんべとおもっていたのに、それなのに豪雨だった訳なんですよ奥さん!

 

幸いカッパ持参だから濡れずに済んだけど、観客席はガラガラ。

f:id:molotov1973:20170801001400j:image

「わざわざ岩手に来てくれたのに、コレかよ...。」と言いたくなる展開。また岩手に来てもらえるよう、例え観客がオレ一人でも場を盛り上げねばなんねっぺと思っているうちに雨が止んできた。これぞまさしく今から半月前、北海道岩見沢市で開催された夏フェス「JOIN ALIVE 2017」の再来ですよ奥さん!

 

雨が止むとともに観客が集まり出して、Tシャツ組がオレ含め3人ではあったけど。地元の同世代の女の子がいっぱい来てた、そういえば本来のターゲットこっちだった。いまどきこの世代ってネットで興味もって来るんだったよな、サウンドチェックでSoftly本人が登場した時。彼女達も「カワイイ~」と評判で、それ隣で観てて「よし、刺さった!」と何様目線でニンマリしてた。

 

そうそう、サウンドチェックといえば。今回はマイクがハウリングし放題で、本編途中も何度も残念な場面があったけど。なんとか場を盛り上げてくれたSoftlyの二人に感謝。

 

実は今回、宮古夏まつりにSoftlyが来たきっかけ。実行委員側で「来年は宮古室蘭のフェリー航路が開通するから、北海道のアーティストを呼ぼう。」とういことで白羽の矢が立ったんだとか。いつも北海道参戦は東海汽船の「八戸~苫小牧」便にお世話になってるオレには「そうだそうだ!」感しかなかった。実は「宮古室蘭」航路も東海汽船なんだけど、その船は「八戸~苫小牧」航路に使ってる新しい船を振り分けて。その穴は新造船で埋めるんだそうだ。そう、岩手県民の北海道参戦の選択肢が増えた。いがったぁ♪

 

そうそう、Softlyにも岩手に来る理由があって。岩手からボランティアで苫小牧に来てたファンが「岩手に来てください!」って言ってた約束が果たせたと喜んでいた。

 

相変わらずMCで、一生懸命に仕切ろうとするしっかり者のHARUKAちゃんと自由すぎるMUTSUKIちゃんの予定されたグダグダっぷりが素敵だった。本編の歌に加えてこれはフルコース必須、とっても楽しかった。

 

がっ、それでも満足できない。やっぱバンドメンバーせめてキムキム&エミリオも入った現場も観たい!

だから、苫小牧エルキューブ2日参戦します。

もちろん、フェリーで行きます。

したっけね。

 

ーーーーーーーーーーーーー

1.キミがいい

2.たとえばあなたと

3.Fly

4.恋心よ私にきっと幸あれ

5.もしも私がお母さんになったら

6.ポケットの中

7.スキナノカナ

E.Maybe~どうでもいいの

ーーーーーーーーーーーーー

スキナノカナ

スキナノカナ

  • Softly
  • J-Pop
  • ¥250