出陣の賦

九州豪雨が一日も早く復興しますように

ロックの先輩/We Will Rock You

この連休、夏フェス行ってきた。

 

雨に降られるわ、圧縮されるわ、ススキノで夜回り先生するわ、帰途ウチまであと20キロというトコで列車が大雨警報で運休するわで。何から伝えればいいのかわからないまま時が流れてしまいそうなんで、これはもう小出しにして。10年かけて語るしかないなと覚悟してる。

 

だがしかし。

今から10年後。オレがあの夏2017年のJOIN ALIVE がどれだけ素晴らしいかアツく語っても。2027年頃のキッズどもは「コイツまた昔話してる、めんどくせー!」と思われるのがオチなんだろうな。

→それこそ、まさに「ロックの先輩」問題なのだった。

 

「ロックの先輩」とは、宮藤官九郎もメンバーである「グループ魂」の曲。ライブハウスで関係者じゃないのに先輩ヅラして楽屋に出入りして偉そうにしてる「ロックの先輩」をイジリ倒してる歌なんだけど。今回のフェスで、出演したバンドたちが過去。それこそ地元のライブハウスで「ロックの先輩」にそうとう可愛がられてた事実が発覚。

 

・地元でライブしてた頃、客がこないから足下の床だけずっと観ながらライブしてたら。その日東京から来たバンドの人がライブハウスのスタッフに「コイツ、大丈夫か?」って言ってました。コイツ見返してやりたくてココまで来ました!

・オレが18歳でバンド結成した頃、(ライブハウス界隈の)周りからは「パクリだろ?」「2番煎じだろ?」とバカにされて。悔しい!いつか見返してやる!と思ってココまで来ました!

 

おいおい、ロックって旧体制への反発たらラブ&ピースたらじゃなかったのか?こいつらの原動力が「見下したロックの先輩見返したい」って小さくないか?とも思ったんだけど。

 

実は大した実力もないくせに、不確かな経験だけで偉そうにしてる「先輩」こそこの世のガン。先輩を見返したい一心で頑張るバンドに、同じく「先輩」に疲れてるファンが共感してライブの後「明日がんばろう」という気にさせてるのかも。

 

逆に言えば。「先輩」を仮想的にしてビッグになれるチャンスもあれば、他ジャンルの連中とも「先輩」に対する反感を共有できるとも言える。

 

翻ってオレはなんだ?今の時点で「先輩」いんのか?まっ上司はいるけど、その上司からイヤーな事言われて「ちくちょう、見返してやる!」とまで思ってないだろ?

→最近の伸び悩み、そこだったんだな。

 

いうことで、明日から先輩サーチアンドデストロイしに行ってきます。

 

したっけね。

ロックの先輩

ロックの先輩

We Will Rock You

We Will Rock You

  • クイーン
  • ロック
  • ¥250