出陣の賦

九州豪雨が一日も早く復興しますように

短い言い訳

昔、こんな事があった。

同業者ブログ探してたら、なかなかいい事言ってるブロガーさん見つけて。んで当時東日本大震災から半年だったんで、3.11当時の投稿読んでみたらドン引いてしまった。

 

当時彼は本業で活躍する傍らで、趣味のアマチュアバンドでも頑張っていて。あの日は地元・東海地方のライブハウスでライブしてた。当時の投稿をボカすと、こうなる。

 

ーーーーーーーーーーーーー

その日の午後に楽屋入りしたら、スタッフが

「今日、東北で大地震があって。津波被害が甚大だったようです。今日の公演、自粛した方がいいんじゃないですか?」

と訊いてきた。

 

だがオレは、それを断ってライブした。ここ東海地方がダメージを受けてない以上、東海地方で変に自粛すると経済が回らなくなって肝心の被災地が困るだろうと思ったからだ。

ーーーーーーーーーーーーー

 

当時はコレ読んで、ひでーボンクラだなと思ったけど。今なら、彼の気持ちが理解できる。

 

実は昨日、「ひょっとして今度の連休、飛行機参戦すれば災害ボランティアに行けるんじゃないか?」

と思いついてしまい。もともと行く予定だったフェスのチケットを売ってアシ・宿をキャンセルしたお金を元手にして福岡県朝倉市大分県日田市に行けるんじゃないか?と思って試算したら、岩手から参戦じゃ総額10万円越えするんです奥さん!

 

厳しいハナシ。もし10万円かけて行っても、大雨で活動中止ってことはよくある。よしんば活動可能としても肝心のオレ自身が役に立たなくて悔しい思いをすることもある。真面目なハナシ、経験がないのに堪え難い初期衝動に動かされて被災地に来ちゃったボランティアは使えない。でもそこで、何かを掴んだ新米ボランティアは後々りっぱなボランティア戦士になってくれるはず。

 

最近は災害ボランティアの高速道路利用が減免されるようになったけど、鉄道・飛行機も対象に広げてくれないか?そうすれば、直

近の被災地で活躍したボランティアが気軽に全国から参戦できるメリットがあるはず。既に「全国災害ボランティア議員連盟」が超党派で結成されていることもあり、災害ボランティアが自己犠牲を強いられずに現地入りできる体制を整えていただけたら。いい世の中になれそうな予感。

 

ネット巡回をした印象なんだけど、現時点では平日にも拘わらずボランティアが多数参戦していて。オレが出る幕はなさそう、しかも今月末から夏休みだから学生参戦でギッシリの予感。なおさらオレが出る幕はなさそうだけど、何かあったら万難を排して参戦する所存!

 

したっけね。