出陣の賦

九州豪雨が一日も早く復興しますように

松居一代は復興の邪魔

九州豪雨、続報が痛ましく。勝手に同情したらお金やらポイントになればいいのにと思ってしまう。赤十字に募金はしたけれど、もっと他にできることはないかと計画を練っている。

 

それにしても豪雨から1週間、最近はニュースに取り上げられることも少なくなってきて如何なものかと思い始めてきた。東日本大震災及び、去年の台風10号による水害を経験したオレが思うに。災害報道の世界では、

 

震災>水害

 

とでも思ってらっしゃるのではないか?

確かに水害は毎年起こるから希少性がないように思われるかもだけど、被災した方が受ける傷は震災も水害も比較のしようがないほど大きいんだぞと。

 

んで本題、最近のワイドショーがすっかり松居一代ばーかりで。水害よりも、こっちかよと思うと情けなくなる。避難所でテレビ観てる方、どう思うんだべな?

まっ避難所に入ったら、しっかり被災地の情報を報道してくれるNHKしか観ないんですけどね!

 

そりゃ東日本大震災当時みたいに、お通夜みたいな放送してろとは言わないけど。もうちょっと配慮してほしいもんだ。

 

あと、はじめて災害ボランティアに行かれる方。先輩風で恐縮だけど、以下の点に留意なされたし。

・さすが高速バス天国・九州、福岡からなら日田にも朝倉にもアクセスできる。

・だが、宿の確保が問題。最悪、野宿も覚悟したほうがいいかも。

・被災から半月で、泥が乾いて空気中に飛散。しかも屋内ではカビ臭くなるのでマスクでは対処不可。ホームセンターで塗装業者用の防具が売っているので装備するべき。

・ほか、安全靴・頑丈なグローブ・ヘルメット・ゴーグルは用意すべき。

・そして熱中病対策もするべき、水は1Lのペットボトルを携行必須。

→ハードルを上げて恐縮だけど、行けば貴重な経験になる。間違いない。今回は、去年の熊本地震の災害ボランティアに参戦した方が主力になるうえ。九州の都・福岡に近いこともあり、地元の方々で対処できると思っている。だから、遠い岩手からエールを送る所存。

 

健闘を祈る。