出陣の賦

FOR THE SOPHISCATED PEOPLE

ひよっこ雑感(ここ最近の「日常系アニメ」展開にもの申す)

本日・2017年5月24日放送回、昨日の段階から「水着回」になるぞと全国の朝ドラファンの期待・射倖心を徒に煽った挙げ句。やっぱり、「やるやる詐欺」だった。

 

Twitter上での盛り上がり&落胆&「でも、神回だったよね」をチェックした後、家に帰って「録りひよ」観たら。確かに神回だった。

 

でよ、ここで素朴な疑問。

「みね子、なんでお盆に実家さ帰んねがった

の?」

→運賃がかかるという割には、おニューの水着買ってんじゃん。

→当時の物価でも、茨城までの往復運賃とバーゲンで買った水着のお値段ってトントンだと思う。

 

乙女寮の部屋のみんな、茨城出身のみね子&時子以外がみんな東北出身で。東北新幹線がない昭和40年当時(この年から盛岡まで電化される、要するにSLが大手振ってた時代)は、お盆休みでは行って帰るだけになるからと。東北勢が帰らなかったのに、気兼ねしたのかも。

 

そして、母の愛がウザくてたまらない時子が実家に帰りたがらないのも理解できる。それにつられて、本当は実家に帰りたいのに合わせてしまうみね子も理解できる。でも、おばあちゃん子の澄子はどうだ?東北とはいえ、地元がいわきだから帰ろうと思えば帰れたはずだぞ?

 

結局、部屋の仲間とイチャイチャしたいというのが本音だったんだろ?

 

今週に入ってから、まさしく日常系アニメのようなフワフワした展開。実は嫌いじゃないけど、オレ知ってんだ。今は嵐の前の静けさ、じきに大波乱の展開になって退場するキャストもいるに違いないんだ。

 

具体的には、乙女寮メンバーがそうなんだろ?

あーあ。優子役の八木優希ちゃん、もっと観てたかった。オレはどうしてこんなに優子が好きなのか?小一時間、自問自答を繰り返して気づいてしまった。優子、寝間着姿がカワイイ。おさげに白い浴衣、「座敷わらし」かよ!と言いたくなる。めんけぇワラスだべ?そだんえ、そだない?

 

方言連発して偽善者アピールをしつつも、その目は既に先を見据えていた。でも、やっぱり「水着回」じゃなかったのはKUYA-SEA。

 

したっけね。

 

NHK連続テレビ小説 ひよっこ 上

NHK連続テレビ小説 ひよっこ 上