読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出陣の賦

FOR THE SOPHISCATED PEOPLE

「T2 トレインスポッティング」

(パンフレットより、主演ユアン・マクレガーのインタビューを引用)

ーーーーーーーーーーーーーーー

1作目当時の主な観客は20代前半だった。1990年代のイギリスは、すげぇカッコよかったんだよ。象徴的な時代で、「トレインスポッティング」はまさにその中心にあった。

ーーーーーーーーーーーーーーー

→このユアン・マクレガーの言葉が全てをものがたっていた。

 

はっきりいっ てこの映画の第1作め、いつもどんよりした曇り空なスコットランドの大都市で軽犯罪を繰り返す麻薬中毒者たちの。ひたすら、陽気で悲惨な物語だったんだけど。演出がやたらオシャレで、特に日本では「あのキムタクこと木村拓哉氏も絶賛」なるお墨付き情報も流れ、まさにクール・ブリットもといクール・スコット映画だったんだけど。

★まさか今ごろ第2作が出るとは、あれから21年も経ったというのに!

 

改めてターミネーターじゃ ないほうの「T2」観て、みんな老けたなぁと。第1作をきっかけに「SW」でのオビワン役など今やハリウッド級の役者になったユアン・マクレガーですら相当なオッサンで、第1作で軽快にひったくりやヘロイン注射をキメてた面影いっさいナシ。

・スパッド役の人は、おっさん通り越しておじいさん顔。

・シック・ボーイ役の人は、もはやシック・ボーイというよりシック・おっさんもとい死の商人な風貌。

・もともとオッサン顔だった ベグビー(ロバート・カーライル)、年相応。

→観ていて、如何せん同世代なモンで身につまされた。

 

んで、こいつらが話してる内容が昔の話ばっかりで。

★これ、タイトルを「英国タラレバおっさん」にした方がいいレバ~!

→ほんと、観ていて身につまされた。 そんな中、第1作での「ダイアン」みたいな紅一点キャラのベロニカちゃんが。「オッサンのつまらない与太話をニコニコ聴いてくれる若い子」感丸出しで好印象( 実は、ニコニコ聴いてないけど)。ベロニカちゃん役のアンジェラ・ネディヤコバちゃん、これを契機に大物になるかも。

 

さて、イイ年こいて大人になりきれてないダメなおっさん達の物語でもある本作。今だからスレスレでリアルに感じられる物件なのかもしれない。

・主人公が借りられたEU主導のお得な融資、イギリスがEU脱退した現在あり得ないだろ? ・いやいや。イギリスがEU脱退(Honexit)した原因が移民問題ということは、ブル ガリアから来たベロニカちゃんもアウトだろ?

 

この際、T3やってくれないかな?どうせまた20年くらい後の話になるんだろうけど、期待しておく。

 

(余談)

・たぶん、シック・ボーイの左腕に鎮座するメタルバンドのデジタル腕時計が「CASIO A-158」のはず。もともと007オタクの彼には、腕時計がメカメカしいのが好ましいうえ。イギリスでは、安価で正確で電池保ちもよく使用感も軽快な「CASIO F-91W」を子どもの初めての腕時計に買い与えるケースが多いんだとか。

→チープカシオ、また目立って恐縮です!

 

したっけね。

 

T2 トレインスポッティング〔上〕 (ハヤカワ文庫NV)

T2 トレインスポッティング〔上〕 (ハヤカワ文庫NV)

 

 

 

[カシオ]CASIO 腕時計  スタンダード A158WA-1JF メンズ

[カシオ]CASIO 腕時計 スタンダード A158WA-1JF メンズ