読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出陣の賦

FOR THE SOPHISCATED PEOPLE

出陣の賦(2017.4.1 平成29年度にむけて)

せっかく土日を生贄にして社畜獣(SSR)を召還しようと思ってたのに、いろいろ歯車が狂いだしてきた。 昨日、金曜日の夕方に。前倒し気味に仕事片づけてみるかと思ったら止まらなくなって、もはやバーサーカーさ~。これで、安心して後任にお任せできるべと言える状態に仕上がった頃には翌朝になってた。疲れた。

 

こういう場合、黙って家帰って寝ればいいのに。月初日だから、 映画観に行った。何観るか迷ったけど、月末には後編が上映される「3月のライオン前編」。今のうちに観ておかないと間に合わないべと焦ってコレに決めた。

f:id:molotov1973:20170401205216j:image

3月のライオン」、2部構成かつ前半だけで2時間半ということで。完徹明けなんだ、途中で寝たらどうしようと思っていたら。結局、引き込まれ最後まで観られた。

 

将棋の世界の物語なんだけど、とってもスポ根で。 棋士たちが、勝負の場で何度も傷つきボロボロになって いるにも関わらず。勝利を願ってひたすら努力し続けているところに感銘を受けた。 実は、オレの今度の職場の初出勤日が4月3日(月)なんだけど、何したらいいか全く何も引き継ぎされてない。こういう場合、後任にマンツーマンで引き継ぎしてもいいんだけど。それって、「とっくに引退してるのに、しょっちゅう部室に来てダベってる先輩」そのものじゃん。明日ならまだ間に合う、ちと聴いておこう。

 

いずれにしろ、明後日か らまた新しい戦場で闘うんだ。闘いに臨む際、いつも心底逃げ出したくなるけど。いざ闘いが始まると、そこには逃れられない魅力・魔力がある。あっ、戦場から逃げた連中について忖度なんてしてないでください(笑)。

 

来週から新しい戦場、そんなオレの出陣の賦!

 

したっけね。