出陣の賦

FOR THE SOPHISCATED PEOPLE

疲れきった社畜に軍歌は麻薬

本日、4月からの仕事の引き継ぎした。

 

いつも新しい仕事の引き継ぎをするとき、必ず映画 「トラフィック」の冒頭シーンを思い出す。麻薬捜査担当の偉い人に着任した主人公が前任者から引き継ぎを受けるんだけど、前任者がロシアンジョーク「フルシチョフへの3通の手紙」をとうとうと述べるシーンが刺さった。

 

「あー、オレの後任が下手打ったらオレのせいになんだろなぁ。」

 

正直、ほんとにオレ年度越しできんのか 不安になってきた。余韻に浸るいとますらない。

 

そういえば今日の夕方、こんな事があった。

 

上司から急がされてた案件があって、

「急がされてる割には、指示がフワっとしてんなぁ。」

と思いつつ各方面にお伺いして何とか雲の上に書類を届けられた。したっけ、雲の上から怒られた。年度末だから、今晩のうちに全部直せと言われた。

 

オレ、今から15年前の今頃に雲の上から。前任者がやらかした数万円程度の経理ミスで、夕方に早急になん とかしろとのお怒りのお電話を受けて。必死にミス訂正して、やっとこ家に帰れたのが朝の5時だったことがある。理不尽だった。

 

やべぇ、これは剣呑だ。

そりゃ上司に「これは一旦差し戻して、じっくり仕上げて出し直した方がよろしいのでは?」 って言いましたよ。 回答はコレだ。

 

「まず、なんとかやってちょーだい。明日、上には私が説明するから。じゃ、私は帰りま~すよ~。」

→おいおい、これは下手打つとオレが責められるパターンじゃないですか。

→ま、なんとかしたんですけどね!

 

とある大企業の大番頭だった方が、こんな名言を遺した。

「上司がファジーだと、部下はビジーになる。」

→ファジーなのは、ネーブルだけで結構だ。

 

そして思った、コレって後任に務まるのか? あーあ、今の仕事に未練がまだあんだなオレ。 まだまだ片付かないんだ。今度の週末くらい、つきあってやっか。

 

まーた休日を生贄にして、社畜獣(SSR)を召還する気まんまんなのだった 。

月月火水木金金

→休日なんて、欲しがりません勝つまでは!

→心底疲れきった人間に、軍歌は麻薬。

→今のオレには、薄っぺらい人の薄っぺらい歌など聴きたくない。育成失敗、残念でしたね。

 

オレは知っている。苦労は前倒しで甘受した方が、後で楽になることを。どんなに言葉を飾っても、バックレた者には哀れな行く末しか用意されていないことをな!

 

したっけね。 

月月火水木金金

月月火水木金金

  • 旧海軍軍楽隊有志
  • サウンドトラック
  • ¥250