読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出陣の賦

FOR THE SOPHISCATED PEOPLE

【べっぴんさん】井頭愛海ちゃん、まさか有望株だったのか?

 ひょっとすると、本日・2月24日放送回が「神回」なのかもしれない。

 

・悦子様の新人研修、オレもしっごかれてぇ~。

・ダ~イキュウ・小山、遂に代表取締役に昇進。社長かつ奥様が悦子様、嫉妬しか湧かない。

・キアリス新入社員三人組のキャラが顕れる。

→阿部 イイ育ち方をした方、後々活躍しそう。

→健太郎 東大卒&おそらくMBA取得者なのに、中小企 業に入っちゃったチート。人間がデキてるうえ頭がいいという敵に回したくないキャラ。唯一の欠点は、さくら激推しなこと。

→さくら 裏表があるのが学校の先輩にもバレてるうえ、表キャラの時でも裏キャラが思いっきり出ている。お巡りさん、こいつ縁故採用のカスです!

 

今さらなんだけど、朝ドラのヒロインの娘役って。だいたいクズキャラだったのすっかり忘れてた。

・ふ久子(ごちそうさん

→たぶん、アスぺ&腐女子 要素を盛り込んだはず。妄想シーンの「お兄ちゃんのミットにズドン」、わかる奴にはわかっていた(笑)。

・エマ(マッサン)

→少女時代の恋愛沙汰でバタバタした挙げ句、イイトコのドラ娘の切り札「海外留学」を出してくる。ドラマじゃ語られない事実だけどマッサン・エリー夫婦、養子とはいえ心底エマが可愛くて我が儘にもハイハイ言ってたんだな。

・千代(あさが来た)

→後で改心するんだけど、母否定シーンだけで充分話 が回った。 そうそう、もっとスゴい「ヒロインの娘がクズ」がいた!

・優子・直子・聡子(カーネーション

→さっすがコシノ三姉妹、三人それぞれキャラが違う跳ねっ返り娘ぶりを披露してくれる。三人の主張をいなしつつ、ちゃんと伸ばしてる母・糸子すげぇ。

 

そう、おわかりですね?

★BK制作の朝ドラ、とにかく娘がクズキャラ設定なんです!

→そういう意味では、いろんな場面でムカつかせてくれてる「さくら」。扮 する井頭愛海ちゃんが演出・脚本を上手く汲んで上手いこと演じてるのかもと、今さら気づいた。 黙ってれば、ポニテが似合う可愛い女の子だったのに。出会って一月で、こんなにもムカつかせてくれる。天才だろ? たぶん、この調子なら。 「べっぴんさん」が終わっても、学園ドラマ・映画でありがちな「ヒロインに意地悪をするスクールカースト上位の子」役に出ずっぱりだろ?

 

と、ここまで持ち上げてみたけど本心。

★や っぱり悦子さまこと、滝裕可里さまに夢中!

→美しさ・演技スキル、そしてどんなに隠そうとも滲み出てしまう品の良さに。もはや唯ひざまずくしかない。

 「べっぴんさん」の後の活躍を願って!

したっけね。

 

連続テレビ小説 べっぴんさん Part2 (NHKドラマ・ガイド)

連続テレビ小説 べっぴんさん Part2 (NHKドラマ・ガイド)