出陣の賦

九州豪雨が一日も早く復興しますように

出陣の賦(2017.2.18 平庭高原スキー場)

 今朝、家を出るとき腕にCASIO F-91Wを巻いた。久々だった。

→Fー91Wを巻く時、それはG-SHOCKですら立ちいかぬ現場に参戦するということ!

 

本日、ほぼ10年ぶりにスキーに行ってきた。 きっと来年はココいないんだ、思い出づくりに行ってきた。

★そうそう、職場の若手連中が先週スノボ合宿行ったんだけどお声もかからなかったのも些かショックだっった。

→ああ、もう若手扱い されないお年頃なのね。

→もし誘われたとしても、学校の体育の授業がスキーだった最後の世代なんで。スノボだなんてプライドが許さなかったと思う。 とか言いつつ、10年ご無沙汰だったんですけどね!

 

「久慈の思い出づくりに、行ってみっか。」

そんな軽い思いつき、いざレンタルした道具を装着したら軽く打ちのめされた。

→そもそも、リフト乗り場にたどり着く前に何度も転ぶ。

→リフト乗り場に着いても、乗り方を忘れてる。

→リ フトから降りる時、落下傘部隊の作戦決行前みたいな気分になる

→そして、何度も転びつつやっとこ麓に着く。

 

そういうのを何ターンも繰り返して、最後にはようやく山頂から滑れるようになった。一応、滑ったには滑ったけど。あーあオレ、所詮初級者レベルだったんだなと実感。来年の今ごろ、もしヒマだったらスキー教室行った方がイイかもしれない。って、行けんのか? 所詮ボーゲンレベルの暴言なんですが、やっぱりスキー楽し い。時と次第によっては、道具を買い揃えてみんべかとも思い始めてきた。

 

そして、だ。 この際、安比高原のリゾートマンション買っちまえよと。バブル時代、全国のスキー場近くに建ったリゾートマンションが大安値になって。身よりのない高齢者に大人気らしい。安比高原にも、アンダー500万円物件があった。悪くないかもしれない。 まっ、20年後もあったらの話なんですけどね!

 

したっけね。 


f:id:molotov1973:20170218222918j:image