読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出陣の賦

FOR THE SOPHISCATED PEOPLE

徹底検証「朝ドラヒロインへの近道は脇役出演、いわゆる秘蔵っ子優遇」伝説の真贋と今後の展望について

「あさが来た」のヒロインを務めた波瑠ちゃん、朝ドラのヒロインになりたくて何度もオーディションを受けて。最後まで残りつつも惜しくも落選したことが何度もあり、その度に脇役出演を打診されたけど「一旦脇役を選んだら、二度とヒロインになれない!」という頑なな信念の下に断り続けて、やっとヒロインの座を掴んだんだとか。

歴史にタラレバはないんだけど、もし。
★2015年以降の朝ドラトレンド「実は朝ドラ脇役はヒロインへの育成枠&登竜門、即ち『秘蔵っ子』優遇」を知ってたらどう思ったんだろう?
→脇役出演をきっかけに、前倒しでヒロインになれたかもしれない。

きっかけは、「あまちゃん」だった。
2013年度上半期「あまちゃん」(有村架純
2013年度下半期「ごちそうさん」(高畑充希
2014年度上半期「花子とアン」(土屋太鳳芳根京子
2014年度下半期「マッサン」(未出)
2015年度上半期「まれ」(未出)
2015年度下半期「あさが来た」(未出)
2016年度上半期「とと姉ちゃん」(未出)
2016年度下半期「べっぴんさん」(未出)
→確かに、2014年度上半期までは出てた。何度も言うけど、この動きは「あまちゃん」から、ということは「あまちゃん」以降の出演者を洗い出すと未来の朝ドラヒロインが出てくるんじゃないか?
ーーーーーーーーーーーーーーー
以下、要素はこの順で
(実現可能性)
S なし(既に人気あり、朝ドラに出る意味なし)
A かなり高い
B 高い
C 普通
F Fランク
(放送時期)
年度とAK・BK(もちろんAKは年度の上半期・東京放送局制作、BKは年度の下半期・大阪放送局制作)
ーーーーーーーーーーーーーーー
あまちゃん
橋本愛  B 平成29年度BK
松岡茉優 S 平成30年度AK
優希美青 A 平成30年度AK

ごちそうさん
松浦雅  B 平成29年度BK

花子とアン
黒木華  SA 平成29年度BK
→早い話、「わろてんか」のヒロインに恐ろしいほどぴったり。そういう意味ではAランク、そして「もう十分人気出たでしょ?」という意味ではSランク!

「マッサン」
早見あかりB 平成29年度BK

「まれ」
清水富美加S 平成30年度AK
門脇麦  B 平成30年度BK
中村ゆりかB 新年号元年度AK
飯豊まりえA 平成30年度AK

「あさが来た」
吉岡里帆 S 平成29年度BK
小柴風花 A 平成30年度BK
清原果耶 A 新元号4年度BK
→若すぎる・・・。

とと姉ちゃん
相楽樹  S 平成30年度AK
杉咲花  A 平成30年度BK
水谷果穂 B 新元号2年度AK

「べっぴんさん」
井戸愛美 B 新元号3年度AK 
久保田紗友A 新元号2年度AK

「ひよっこ」
藤野涼子 A 新元号2年度BK
ーーーーーーーーーーーーーーー
って、素人が勝手に考えてみました(笑)。
個別に語ると、絶望的に長くなるんだ。軽く読み流していただきたい。

と、いう訳で。もし「脇役→ヒロイン」ラインが未だ健在なら、ただいまオーディション中の平成29年度下半期「わろてんか」のヒロインは黒木華が非常に可能性高し。「純と愛」・「花子とアン」出演の後に遂に得たヒロインの座、きっと好意的に受け止められるはず。

がっ、もう十分売れたでしょ?
今まで広げた風呂敷を即座にしまう方向で申し訳ないけど、「生え抜き」否定になるかもと言ってみる。詳細は明日か明後日に!

したっけね。

 

【精米】山形県産はえぬき 10kg 平成28年産

【精米】山形県産はえぬき 10kg 平成28年産

 

 

はえぬき