出陣の賦

九州豪雨が一日も早く復興しますように

享年28歳

バイバイありがとう、さよなら。

 

実家の洗濯機が天に召された。
一昨日、母からSMSが届いた。

「洗濯機がこわれたの、どうしよう?」

→どうせ母は機械音痴だから、きっとオレが行けばなんとかなる。どうせ、叩けば直るでしょ?

 

そんな考えが通用するのは昭和のテレビだけなんだけど、昨日実家に帰って実物見たら。とうてい素人には直せそうな代物じゃなかった。
・常に水漏れ。
・脱水時に、機械そのものが全盛期の萩本欽一並みにに跳ぶ!喚く!壊れる!
→どうしてこんなことになるのかな?万歳なしよだった。

今日は電気屋に行って、新しいの買ったんだけど。洗濯機ってメーカー側は7年間は保つ前提で修理部品を用意しているから、8年め以降は買い換えるしかないんだとか。って、実家の洗濯機は平成元年に購入。28年間の長きにわたって、メンテナンスフリーでよくぞ保ったなと。激動の平成時代を生き抜き、住所を3度代えて洗濯物を黙々と洗い続けた、そんな実家の洗濯機に感謝。

の、一方。今度の新人が遂に洗濯乾燥機。実家の歴代洗濯機でいうと初代が二槽式、二代め(現行)が全自動、着実にステップアップしてんだなと実感。今度の機種を選ぶときに、
「どうせ払うのオレなんだから、安そうな奴にしねぇとな。」
とか思ってたんだけど。

店員さんの説明が回し者レベルで

詳しい。それこそスーパーヒトシ君人形をあげたくなるようなセールストークのせいで、うっかり日立至上主義者に洗脳されてしまった。
★神聖ビートウォッシュ帝国ばんざい!
→洗濯機の世界、奥が深いんだよな。
こんど実家に帰る頃には、コイツが稼働してるはず。楽しみ。

そして、昨日来た道をそっくり帰って部屋へ。昨日のドカ雪が結構溶けてて「昨日のは何なんだったんだ?」と拍子抜け。部屋に帰って思ったんだけど、こっちの洗濯機は16年選手しかも中古だから実際には何年なのかも知らん。日立至上主義者となったいま、コイツも買い換えたくなってきたんだけど。まだまだ動くんだ、逸るな!

したっけね。

ズルい女

ズルい女