出陣の賦

九州豪雨が一日も早く復興しますように

火曜ドラマ「カルテット」、たまらん!

ついに、大人が愉しめるドラマが出てきたな。
松たか子満島ひかり高橋一生松田龍平の四人が織りなす、まさにカルテットが始まったぞ!

嘘や秘密だらけの通奏低音、バトル寸前のインタープレイ、アドリブかと思いきや実は伏線でしたっていう巧緻な構成。たまらん。

第1回放送時、Twitterの朝ドラクラスタやら大河クラスタやら映画クラスタやらが。むんぬすぐく盛り上がってたのも納得。そして思った、「あーあ、これで高橋一生様の素晴らしさが世間に知れ渡ってしまったな。」と!

「あなたの高橋一生様ファン歴は何年?」
→オレはドラマ「特急田中3号(2007年)」以来だから10年くらい、それでもデビューが1990年だから界隈じゃ新参・俄扱いなんだよな。

バイプレイヤーとして卓越した才能を持ちつつ、主役も平然と喰う存在感が素敵。相変わらずキャラクターの作り込みが細かくて、今クールは大河ドラマとの掛け持ちになるけど飽きる訳なんてある筈ない!

カルテットでの役が、出会ったばかりの女の子に平気でキスできるのに。めんどくさい屁理屈をコネて周囲をどん引きさせる、なんてキャラ設定崩壊気味な役も自然に演じてる。すげぇ。

ほんと、この先どんな展開になるかわからん。
でも、すっげぇミゾミゾしてるぜ!
→あと、私は唐揚げにはレモンをふんだんにかけるのが当たり前。なんならレモン汁に唐揚げを溺れさせたい派です。

したっけね。

 

 

カルテット