読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出陣の賦

FOR THE SOPHISCATED PEOPLE

センター試験を終えた君たちへ

本日はセンター試験1日目。会場のひとつ、岩手大学にも岩手県内の受験生が集まって知力の限りを尽くしたことと思う。健闘を祈る、明日も頑張れ!

んでだ。
そんなトコに水をさすようで恐縮なんですが、これはあくまで受験。勝って喜ぶ者もいれば、負けて涙を流す者もいるんだ。高校野球はたった一校の優勝校を除いて、必ずどこかで負けるようにできている。だから、美しいといえる。人生そのものもそうだけど、下手に勝つより、負けたほうが人生に味わいがあるのかもしれない。

がっ、受験生の皆様におかれては。志望校に落ちてもFランク大学には決して入学なされますことのないよう!

音真司「Fランク化する大学」(小学館新書)、読んでて「ほうれみろ、僕の言うとおりじゃないか!」とシャウカステンにかけた写真に指示棒連打したくなってしまった。

Fランク大学の何がヒドいって、「わざわざ大学行ってバカになる」としか思えない一般教養の学級崩壊ぶり。授業中に歩き回るアホもいらっしゃるようで、これじゃ小学生以下じゃないですかと。やっぱりコレも、「ゆとり教育」の弊害なんでしょうか?

さて、そんなFランク大学にも「掃き溜めに鶴」というか稀に優秀な学生がいるんだけど、彼ら・彼女らは大抵前の席の方に陣取ってて、学内に友達なしの「ぼっち」。その理由が泣ける「こいつらと関わると、人生詰むから!」
→正論。

なんべんも言うけど、この先の世の中。勝者もいれば敗者もいる、でも希望校に入れなかったからといってFランク大学に行くのだけはやめろ!一生、負け組決定だぞ!

そりゃFランク大学もいろいろだけど、別に何か資格が取れるような訳でもない学部。特に文系のやたら名前が長かったりカタカナ混じりだったり学部だけはやめろ!これだったら、よっぽど自衛隊とか青年海外協力隊に行ったほうが学ぶものが多いぞ!

ほんと、Fランク大学の授業料はバカ高いときく。そんなに親御さんにお金出させて、就職が詰んだらどうしようもねぇぞ。入学してから20年後、親から。
「孫の顔は見せてくれなくていいから、なんなら介護してくれなくてもいいから。せめて生命保険に入ってくれないか?」と泣かれても知らねえよ。

まっ、二日目を前に勉強に余念のない受験生が。こげな有害ブログ読んでる訳ないけど、一応オレは注意したからな!

したっけね。

 

Fランク化する大学 (小学館新書 お 17-1)

Fランク化する大学 (小学館新書 お 17-1)