出陣の賦

FOR THE SOPHISCATED PEOPLE

ローグ・ワン

所謂「映画クラスタ」の昨日からの盛り上がり&大絶賛、本物だった。

いまや「スター・ウオーズ」、往年の「寅さん」みたいな事になってしまい。エピソード7以降、毎年観られていがったぁ(偽善)♪という心境になってた。だから、エピソード7がエピソード4の実質リメイクだったとしても結構満足してたさ!

だが「ローグ・ワン」、外伝扱いの癖にわかってらっしゃる。痒いところに手が届く仕上がり。エンドロールが流れて劇場に灯りが点いたころ、前の席にいた小学生低学年くらいの男の子が。となりの席にいたお父さんに、「こうやって、エピソード4につながっていくんだね!」って話してて。わかってらっしゃるなと思った。

スペースオペラ扱いのSW、実はチャンバラ時代劇でもありホームドラマでもある。きっと小さい頃からハマってたであろうその子のお父さんも、きっとこんな事言われて嬉しかったんだろうなと思った。

うん、なんかこれ以上語るとネタバレになりそうだからココでやめとく。Twitterの「映画クラスタ」連中のいいトコって、ネタバレをやらかさないトコなんだけど。ココは長~くズラズラ書けてしまうブログ界なんだ。スキルが無い奴あるあるなんだけど、バカ正直にあらすじ丸パクすんのなんなんスかね?学校はゆとり教育やめる前に、読書感想文やめた方がいいぜ!自分で考えないでラクする方法を小学生から躾てしまうと、後々Fランク大学に入学して新卒非正規雇用になって人生詰むぞ。


まっ、いいや。
フォースとともにあれ!

したっけね。


f:id:molotov1973:20161217225039j:image