出陣の賦

九州豪雨が一日も早く復興しますように

本当はコワかった断捨離やらミニマリズムやら

もう師走、冷え込みが一段と厳しくなってきた。防寒対策はしっかりやってるつもりだけど、意外な盲点はお腹。たまーに「なぜ腹巻着用を怠った?」と自分を責めたくなるほど、腹冷える時がある。その度に思いだすのは、その昔活動してた「彩冷える」ってヴィジュアル系のバンドのこと。2010年に音楽性の違い以外の理由で解散してしまったバンドについて語ると夜が明けてしまうから割愛するとして、今回のお題は
彩冷える」ファンに起こった話。

2010年頃、同業者のブログを愛読してた。同業者のあるあるを書いてて共感できる要素もあったし、無駄なサブカル知識にも共感してた。そしてなにより、病んでいた!

彼女の母親が所謂「毒親」で、彼女の兄ばかり溺愛したせいで兄が究極の甘えったれになってしまい。コロコロ離婚結婚を繰り返す始末、彼女はほとんど放置なるも実家で飼い殺し状態で三十路突入。しかも仕事はキツいぞと、気づいた頃には既にメンヘラだった。そんな状況での投稿が、不謹慎ながら面白かったんだけど。突然コロっと明るくなられてしまった。

突然、断捨離を開始。サブカルに関わった人間なら、部屋が他人には価値がわからない「お宝」でいっぱいになってしまい寝床すら確保できなくなるのは宿命なんだけど。絶対に捨てられないんだけど、捨てたのか!結果、モノであふれた彼女の部屋はスッキリした。

そして彼女は「ポジティブになれる研修会」に通いだし、やがて研修会の主宰のおとりなしで結婚。幸せいっぱいの報告を以てブログ閉鎖となったんだけど。

これ、早い話が洗脳じゃん!
自称・占い師である研修会の主宰が、ことあるごとに彼女の投稿に「いいね!」をポチして名前を売って徐々に引き込んでた模様。ブログたらSNSたらって、主宰氏にとってはいいカモ見つける金脈だったんだなと実感。

でだ。なぜ主宰氏は彼女に断捨離を薦めたのか?
答え:彼女を彼女たらしめてる愛着のあるモノたちを捨てれば、洗脳しやすくなるから!
→彼女を彼女たらしめてるのは、「複雑な家庭事情かつ逃げられない」だったんだけど。それすらも主宰は縁切りさせた模様、そりゃそうだ洗脳しやすくなるもんなぁ。

うん、こわいな。たぶん、こうしてる間も主宰氏は「いいね!」ボタンを連打して勧誘し続けてんだ。そしていま彼女はどうしてるんだろう?そして、誰のせいなんだろうと思うと彩冷える。もとい、腹冷える。もとい、肝冷える!


したっけね。

 

彩-irodori-

彩-irodori-