読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出陣の賦

FOR THE SOPHISCATED PEOPLE

或る「Perfumeの掟」考

Perfume 6th Tour 2016「COSMIC EXPLORER」DOME EDITION(ナゴヤドーム公演)から4日経ったのに、未だ夢現。オレ、魂を名古屋に置いて来ちゃったかもしれない。

謂わばARENA EDITION、謂わばUS EDITIONを経てガラリと中身を変えたのもさることながら。2009年の東京ドーム公演以来の「Perfumeの掟」、刺さった!「Perfumeの掟、何それ?」と今日日、今時のネット全盛時代に検索すらしない怠情な読者諸兄のために懇切丁寧に、百度同じことを訊かれても百度同じ笑顔でお答えする所存で説明すると。

「Perufmeの掟」とは、中田ヤスタカによるバキバキのインストに併せてひたすらバキバキに踊るパートのこと。ストイックなモノローグつき。

その後、2012年の「JPN」ツアーで「JPNスペシャル」として正常進化そして、それっきりだった「掟」がここで久しぶりに復活したのは何故だろうか?とりあえず、「GAME新参(※1)」が知ったかで説いてみせよう。

※1GAME新参
ヒット曲「ポリリズム」も収録されているセカンドアルバム「GAME」からファンになった新参者のこと。ファン歴10年になるというのに、古参ファンからは見下されてMARS。


ーーーーーーーーーーーー
①久々のドーム公演説

2009年の東京ドーム公演以来の、久々のドーム公演だったから。一言で言えばそうなるんだけど、では何故2012年の「JPNツアー」で構成が大体同じ「JPNスペシャル」をやったのか?
★ひょっとして、4thアルバム「JPN」(2011年11月リリース)って本来は2012年上期に発売。ツアーも2011年内に終わるスケジュールかつドーム公演も予定されていたんじゃないか?
→実際には東日本大震災のため、アルバムのリリースもツアーも後倒しを余儀なくされた。特に、追加公演の形で開催された宮城セキスイハイムスーパーアリーナ。震災直後は最大規模の遺体安置所だった。

ーーーーーーーーーーーー
Perfumeのピンチ説

・2009年 
Perfumeでは、ドーム公演をきっちりこなせないだろう」と思われていた。
・2012年 
東日本大震災による自粛ムード

そして、2016年。日本仕様のセットを引っ提げてアメリカで公演に行ったら、思うようにならなかった。自分自身に訪れたピンチの打破のため、一回初心に帰ろうという趣旨だったのか?

ーーーーーーーーーーーー 
Perfumeとしての釈明

特に、「JPNスペシャル」についてその傾向が濃いとおもうんだけど。東日本大震災当時、そりゃアミューズのチャリティー曲に参加したりもしたけど。露骨に「がんばろう日本」的な事はしていなかったPerfume(ここで、名曲「GLITTER」の解釈をすると絶望的に長くなるのでオミット)だけど。
★私たちは、悲しい災害について露骨に名言しない。ただ、ステージの上で表現することによってのみ伝える。
→を、言いたかったんじゃないのか?

特に今回のツアー、5月から始まったアリーナ・エディションでは直前に熊本地震があった。ツアー中に、被災地で苦しんでいる方がいるとき日本のどこかで公演することに負い目があったのかもしれない。メンバーをはじめ、スタッフ込みで。それについても、自分たちの表現で感じ取ってくれということだと解釈した。なんか、ユニコーンの名曲「PTA~光のネットワーク~」みたいな世界だけどな。

さて、11月12日はヤフオク!ドーム公演。長いツアーがここで終わる。よりにもよって、博多駅前が陥没したての福岡で公演するハメになったんだけど。それでもPerfumeは踊り続ける、ただそれだけ。意味を知りたければ、黙って見とれてろ。だ。
→あー、福岡行きたくなってしもうた!

したっけね。

 

 

Cling Cling

Cling Cling

  • Perfume
  • エレクトロニック
  • ¥250