出陣の賦

FOR THE SOPHISCATED PEOPLE

佐藤優「使える地政学」(新潮新書)

佐藤優氏の著作って。いま社畜に需要が高いかもと思う。

佐藤優氏の無駄に多い引き出しの中から、今回は地政学がフィーチャー。あの地政学ナチス御用達のレッテルを貼られて20世紀後半は放置扱いになってた学問なんだけど。近年、復活の兆しなんだそうだ。

正直、地政学って。民族ガー後背地ガーみたいな古くさいモンを門外漢ながらも感じていたけど。ネットの世界もフィールドとしたら、俄然新しく感じてしまうなと。

なんでも、最近ロシアでも地政学が重要視されているんだそうで。ここで佐藤優氏曰くの、コミンテルンとISのスタイルの類似性の指摘には唸らされた。その一方、地政学からみた昨今の沖縄事情に「なるほど」と思ったんだけど。
★この人、自分に都合いい方向に話を誘導してるじゃないですかーッ!
→いろんな意味で、地政学は「使える」んだなと実感。

そう、地政学は「使える」んです。オレも仕事やらウチのことやらに地政学を応用してみっかな。

したっけね。