出陣の賦

FOR THE SOPHISCATED PEOPLE

NHK朝ドラ「べっぴんさん」雑感

・1週も経たないうちに、平成28年下期朝ドラ「べっぴんさん」の子役時代終了。いくら舞台が神戸とはいえ、片想いの彼がバイク乗り、ヒロインの頭ポンポンって戦時中とは思えない80年代の少女漫画みたいな世界。実は、悪くなかった!
→思うに朝ドラって、時代劇みたいなモンで。特に「戦中戦後を駆け抜けた女の一代記もの」には、脚色の余地あり。いま生きてる人にも共感できる要素、詰め込んでもいいんだなって思った。

・球界のレジェンド・王貞治氏は、「ラーメンって、麺は業者から仕入れてるけどスープは店の手作りなんだ(当時)。だから、麺は残してもスープは残さず飲みなさい!」と語った事があるという。中華料理店の息子らしい理念である。
★だから、朝ドラのオープニングシーン。いくら録画だからって、飛ばしちゃうヤツ(まっ、うちの母なんですが)が許せない!
→ここ数年内の駄作ツインタワー「純と愛」・「まれ」もオープニングだけは良かったよと。オープニングがなかったら、心が折れて途中で止めてたよと。

と、いうわけで「べっぴんさん」のオープニングは流石の朝ドラ品質。相変わらず素晴らしい!
→特に、ヒロインが横向きに歩くシーン。ポニテことポニーテールが美しく、NHKでポニーテールの宣伝やってるようなモンじゃないですかーッ!
→神聖ポニテ帝国の臣民には、大喜びだった。

・ヒロインのお友達役に土村芳ちゃん、岩手県民にはご存じなんだけど。かつて岩手放送に在籍していた、土村萌アナウンサーの妹さんが起用。地元民大喜び、これなら半年観続けられそうです!

来年の3月まで、精一杯楽しませてもらおう。
の、一方。視線は既に半年後・一年後を見据えていた。

したっけね。