読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出陣の賦

FOR THE SOPHISCATED PEOPLE

ぜんぶ、台風のせいだ。(24)(災害ボランティア編⑩)

当初9月30日までの予定であった久慈市災害ボランティアセンター、10月31日まで延長決定。ただし、今まで通りの運用(全日営業)は10月10日まで、以降は週末のみ運営。希望者は事前申請が必要になるとのこと。
ーーーーーーーーーーーーーーー
今日も少なめの参加者、ちと心配になってきた。
参加者減もあってか、通常であれば団体参加扱いの高校生達を班に入れる始末。まったく、中高生の参加なくしてボランティアの運営事態が危ぶまれる事態。このまま、地元ですら災害が忘れられていくとしたら。だ。

そんな訳で、今日もほぼ地元組。唯一の遠征組は弘前から来た方、ほぼ顔見知りといっていいくらいに、しょっちゅう顔を見る方で。てっきり地元参戦かと思いきや、実は遠征組かつ定職があるので週末のみ参戦。それも毎週末、駅に寝泊まりしてるんだとか。スゴい根性だ。こうまでして遠くから来てくださる方がいる一方・・・、いや何でもないです!

彼がまぁ、遠征組あるある「プロのボランティア」で。卓越したスキル、とっても助かった。プロのボランティアといえば、件の「10月10日以降は、週末のみ運営」のハナシ聞いてすかさず一言。

「それ、熊本方式ですね。」
→できる。

休憩時間で班内の話題は、ボラセンの今後のことでもちきり。あくまでも噂の範疇だけど、今回の「熊本方式」。運営側の、「本気の方は、できれば平日は岩泉に行ってほしい。」とのメッセージが込められているとかいないとか。それにしても岩泉、今はどうなってるんだろう?またしても今日、「岩泉。まだまだ重機に頑張ってもらわなきゃならないレベル、到底ボランティアが出る幕じゃない。」ってハナシを聞いてしまった。言うことがコロコロ変わって恐縮だけど、そろそろ岩泉参戦を検討すべきかもしれない。

と、いうのもニーズの内容が徐々に軽作業になっていって。今日なんて、仕事上がり寸前に依頼主からお願いされた仕事が「泥をかぶったCD洗い」。なんでも、CDケース内で。CDと紙と泥水が、素敵なケミストリーで悪臭を発生して。CDを開封するのも一苦労なんだそうだ。そりゃ、なんでもやりますよ!・・・行くか。

いろいろあったけど、チープカシオ最高!

f:id:molotov1973:20160925213137j:image

したっけね。