出陣の賦

九州豪雨が一日も早く復興しますように

ぜんぶ、台風のせいだ。(23)(災害ボランティア編⑨)

昨日の災害ボランティア、週末だというのに参加人員がめっきり少なくなった。だんだん災害が忘れ去られていく過程なんだろうけど、ニーズは未だごまんとある。

昨日参加した班はほぼ全員地元。唯一の遠征者が所謂「プロのボランティア」じゃない、「経験はないけど、自分でも何かしたい!」と初期衝動だけで岡山から来ちゃった方。

遠征組の大きな味方「高速道路の無料申請」には、地元の市役所に届出する必要があるんだけど。その際に担当から「実は我々、災害派遣とかのノウハウないんで。帰ったらいろいろ聞かせてくれませんか?」と言われたんだとか。これまで大きな災害に遭った事がないという、神々に祝福された大地・岡山県らしいエピソードであった。

そんな彼も、現場やら久慈川の現場を見て唖然としていた。見たこと感じたこと、帰ったら地元で広めていただきたいと思った。

あとおまけ。
・昨日、提供飲料がボランティア界の定番「OS-1」に加え。数種追加。たぶん、まだ続行のサインと思いたい。
・昨日、例のアナウンスなし。今後の展開、わからん。
・今日、また現場に行ってくる。

したっけね。