出陣の賦

九州豪雨が一日も早く復興しますように

ぜんぶ、台風のせいだ。⑬

もうすぐ週末だ、まーた災害ボランティアに行こうと装備の点検を始めたところ。

懸案事項の安全ブーツがちとブカブカだった件。インソールを二重にしたら密着感がアップするどころか、内部で絶賛だだ滑り中なのが痛いが致し方あるまい。
★昔の兵隊さんは、身体に合った靴を履いてた訳じゃない。身体を靴に合わせてたんだ!

相変わらず、地元・久慈の災害ボランティアは人手不足。またネットニュースにも出てしまった。
→今回は、長期滞在者のために宿泊場所の手配も検討しだした所がポイント。
→だがしかし、駅前旅館が数軒・ビジネスホテル1軒、浸水でいまも休業中だから。相当ストイックな物件しか用意できないかも。
→でも、「プロのボランティア」の方。実はこういう環境たまんないでしょ?
→全国のプロのボランティアさん、久慈さ来てけろ。じぇじぇじぇ!
(本当に何もない久慈、「あまちゃん」に完全におんぶにだっこせざるを得ない。務台復興政務官過ぎて、恐縮です!)

プロのボランティアといえば、熊本で「隊長」と呼ばれる男に出会った。彼はいかんせん五十路で身体がボロボロなんだけど、卓越した知識・経験・統率力があり。こういう人が久慈に来てくれると助かるんだよなぁ、そういえば札幌の方だし、東日本大震災の時には真っ先に久慈に来てくれたというから。また来てほしい。また隊長に会いたいんだけど。
★そういえば、台風10号。北海道にも相当な爪痕を残してたの、すっかり忘れてました!
→隊長、きっとそっちに行ったはず。
→まだまだ、自力本願で片づけなきゃなんないんだなと。

地元も心配なんだけど、もっと気になるのが岩泉の状況。あっちにも行こうかなと思ったら、状況が深刻過ぎて「オレ、行っても足手まといじゃん。」と思ってしまう。
ちなみに、
・重機の操作ができる方
・給湯器の配管ができる方
・高圧洗浄機をお持ちの方
大歓迎らしい、それ業者レベルじゃないですかーッ!

まだ日はあるんだ、ギリギリまで悩んでみようと思う。

それにしても、だ。
どうしてこんなに、災害ボランティアの人手不足に困らなきゃならないのか?今回もだけど、三陸で災害が起こったとき。岩手県内陸部から助けに来てくれると思っちゃいけないんだなと実感。あーあ、あいつら今ごろプレステ4でもやってんだろうなぁ。この際、救助に来てくれとは言わない。
★せめて、偽善でもいいから同情してくれないか?

実は今日、内陸住みのヤツから
「ちょっといいですか?」
ってメッセ来たけど。
→絶対、「ちょっと」レベルじゃない!
→絶対、誰か(大方、テープ起こし鋳型ぁ♪おじさん)の罵詈雑言を延々聴いて相槌打たされるハメになる。
→あのう、かわいそうなオレ。一応「かわいそうな被災者」なんで、そんな余裕ないんですけど!
→これまで積もり積もった鬱屈が、ついに閾値を超えてしまったんで。メッセ見ちゃって5秒で絶交しちゃった、割愛!
→内陸はいいなぁ。いい歳こいたおっさん達が、しょーもない内輪モメしてる余裕がおありなんですね(笑)。

私は好きにした、君らも好きにしろ!
したっけね。

川本真琴

川本真琴