読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出陣の賦

FOR THE SOPHISCATED PEOPLE

映画「君の名は。」

もう既にみんなが言ってるけど。
★今年の夏、ヒットした映画が「ゴジラ」と「君の名は」って昭和20年代かよ!
→とはいえ、日本映画の黄金時代ってこんな感じだったのかも。

実は日曜、「上映時間の1時間前に行けば、いい席取れるでしょ?」とタカをくくって盛岡フォーラムに行ったら。次回はおろか、その次の次の回まで埋まってて、すっかり心が折れて帰った。しばらく休日は無理そうだなと思って、今日仕事帰りにおいらせのTOHO行ってきた。往復100キロ、結構疲れたけどその価値はあった!

あの素晴らしかった「シン・ゴジラ」ですら、「蒲田くん」に見えるくらいの名作。そして、こちらも「シン・ゴジラ」同様、伏線やコネタがいっぱい。後で見直すと新たな発見があるに違いないうえ、ネタバレ厳禁なんだけど。コレくらい言ってもいいだろ?
★『中の人が瀧くん』の時の三葉、ポニーテール!
→髪を編むの、やっぱり男だから面倒なんだろうなぁと思うとともに。
→実は、いちばん似合ってた。やっぱりポニテがナンバーワン!

正直、「地元じゃ台風10号の被害に苦しんでいる人がいるというのに、自分はのうのうと映画なんて観ていいのかな?」みたいな東日本大震災当時のような後ろめたさがあったんだけど。観て「明日もがんばろう」という気分になった。やっぱり最近、娯楽に飢えてたんだなと。【ネタバレ厳禁】な展開もあり、このタイミングで観られてよかったと感謝。

この映画。あと10年もすれば、毎年夏休みに地上波放送されるようになるかも。だからそのう、確かに「PVか?」と言いたくなる程ふんだんに盛り込まれたRADWIMPSさんの楽曲は確かに素晴らしかったんですけど。うん、別になんでもないんだ。

そして、人生は続く。