出陣の賦

FOR THE SOPHISCATED PEOPLE

えっキミ、まだスマートウオッチしてない愚民なの?

皆さん、一足お先に!f:id:molotov1973:20160808213229j:image
→な、訳がなく。実はコレ、中国製のパチモンなのであった。

きっかけは、去年の今ごろだった。
「またあの話か?」と言われるの承知で語るけど、MQ-24が品切れになるなどまさに「チープカシオ人気の着火点」の時期であったあの頃。チープカシオ界のレジェンドP氏がG-SHOCKのパチモン(中華系)に夢中だった。

当時は「なにやってんだ、この人?せっかくチープカシオのブームに火が付きそうな大事な時期というに!」
と思ってたけど、今なら理解できる。

「チープカシオべったりじゃ、いずれ飽きてしまう。いいや、嫌いになってしまうかもしれない。たまには浮気しないと、もたないな!」
→浮気は男の甲斐性、脇道の一つや二つそれるのも勲章みたいなモンさ!

いーや、これは浮気なんてなまっちょろいモンじゃない。そう、不倫だ!ベッキーもゲス川谷も三遊亭円楽師匠もファンキー加藤もみんなやってんだ、だったら。かわいそうなオレも、本妻・チープカシオほったらかして中華パチモンに不倫してやるぜ!

いろいろチェックしたなか、香港のSKmeiに食指が動いた。香港の街のネオン看板を彷彿させる、といったら言い過ぎかもだけどLEDを多用したギラギラ感。好いたらしかった。

いろんなモデルの中から、スマートウォッチそっくりさんモデルがたったの千円。慌ててポチろうとしたけど、Amazonあるある「この商品を買った人はこんな商品も買ってます」を見てしまい。
★えっ、同じモデルが300円台?
→慌ててポチった。

二週間後、北京から小包着。「えっ、香港からじゃなかったの?」と思ったけど、現物見て納得。
★コレ、SKmeiですらないノーブランド品じゃん!

考えられる事情は2つ。
①これ、SKmei製品のパクリだった。
②ノーブランド品(300円程度)にSKmeiのブランドマーク付けて1000円で売るビジネスが成立してる。
→中華ウォッチ業界、闇が深いな!

さて、ここで臨時ニュースです。
くだんのSKmei、やっぱりGーSHOCKのパチモン出してるとの噂。その名も、S-SHOCK!
★いろんな意味でショック、中華ウォッチ闇深っ。

そして、人生は続く。