出陣の賦

九州豪雨が一日も早く復興しますように

SeanNorth 臼澤みさき「LIVE O.S.T. Vol.2」

推し事人、開場時刻16時00分のちょっと前にTIAT SKY HALL着なるも。練習が押して20分遅れるとのアナウンス。
(本編MCでSeanNorth竹村さんが「楽しすぎて、押してしまいました(笑)。」と語っていた)

16:20 開場
ステージに楽器がいっぱい、「えっSeanNorthってこんなにメンバーいたの?もはやスカパラじゃないですかーッ!」と驚いてしまう。

f:id:molotov1973:20160713223019j:image
17:00 開演
照明が落とされた後、ステージ後方のスクリーンが「UNIVERSALの映画」冒頭みたいな映像になってオープニングアクト・泉香織さん登場の告知。

最近発表されたミニアルバムにSeanNorthの佐々木さん&ギターのムーチョさんが参加した縁で今回の出演になったんだとか。

ギターのイワさんと二人でのステージ。
2.Tommorow
3.Spain
の3曲披露。特にチック・コリア作曲の最後の曲のギターが激しかったのが印象的だった。

そして、臼澤ちゃんのステージへ
バンドメンバーはSeanNorthの佐々木さん・ムーチョさん・竹村さんにソニド・デル・ビエントのさとみさん・まりんさん・なべおの混合編成。
→ステージに楽器がいっぱい、そういうことか!

臼澤みさきちゃん、衣装は赤さんさ。SeanNorthのボーカル・ルミさんといっしょに1曲。

1.ワンツースマイル

ここから先は、みさきちゃんのステージ。

竹村「練習に熱中しすぎて遅れてしまいました(笑)。」
なべお「楽しいです!」

2.みさき節

臼澤「去年の12月にとなりの江戸広場で共演して、5月1日のツアー初日にここでライブして2ヶ月が経つんですね!SeanNorthさんは結成10年とういことですが、長いですね(笑)。」

佐々木「キミ10年前は?」

臼澤「7歳です!」

竹村「結成10年というけど、ぼく途中参加だから2年目です(笑)。」

臼澤「ソニド・デル・ビエントさんも結成して10年、すげぇなぁって思います!私は7月25日がくっど4年、及ばないなって思います!」

3.故郷~Blue Sky Homeland~
4.八重の風

臼澤「『故郷~』はデビューする3ヶ月前から歌ってます。『八重の風』はジャケットが大人でイヤリングもつけてたから友達に『やさぐれたね』って言われたけどピアスじゃないんです(笑)。でも高校生になって周りの友達はお化粧とかおしゃれしてるのに自分は中3のままなんです(笑)。まわりの30代・40代の人たちも『気持ちだけは若い』って言ってて、まっ私の場合3歳だけなんですけどね(笑)。」

臼澤「今日、朝に新幹線に乗って東京に来たんですけど。近くにカッコいい人がいて、一ノ関で乗って仙台で降りて『頭良さそうだから、東北大学の学生かな?』と思ったり、お父さんとお母さんと小さい子どもさんの家族が乗ってて。お母さんがキレイだから『むかしミス・キャンパスだったのかな?』とか思ったりして、緊張してたのがほぐれました。にしても、東京あっづいですよね!こうして季節が変わって、年月を重ねて・・・。はっ、『年を重ねる』ってどういう意味なんですか?」

佐々木「いまだに見つけている最中のボクたちです(笑)。そういえば、僕の妹が今日。第1子を出産しました。大人になるっていえば、投票するとかね。」

臼澤「まだ17歳だから、今回はなかったんです(笑)。来年ですね!」

臼澤「今日、駅に向かう時。川がキレイでヤマもキレイでこの風景をみなさんにイメージしてほしいので、この曲を聴いてください!」

5.外山節

臼澤「(背中を向けて右上に丸を描いた後振り返って)これが北海道、岩手はここより下にあって、大槌はこの辺りなんです!」
→地理の授業みたいだった(笑)。

臼澤「外山節は岩手県民謡で、スタンダードだけど唄いこなすのが難しい曲です。民謡をやってなければ、いまこうして歌うこともなかったと思います!」

臼澤「SeanNorthさんの『Live O.S.T.』、歩いてるときに聴いてます!本当は自転車に乗ってる時に聴きたいんですけど、お巡りさんに捕まっちゃうから(笑)。マスクしてる時は歌いながら歩くんですけど、この時期マスクいらないから口が見えてしまうんですよね(笑)。『Live O.S.T.』を聴いて、いつも学校に行って勉強してます(笑)。」

竹村「こうやって、やんわり宣伝してもらって。大人だね!」

臼澤「何のために生きてるのかなということを教えてくれるアルパカです!あっ、アルバムです(笑)。歌詞に『生きるために夢みなきゃ』というのがあって。『夢をみるために生きなきゃ』と思います。歌の力でこうやってつながっていくんだなと思います。次は、あたたかい曲です!」

6.名前
7.指きり
→曲が終わるあたり、「おっ」と思ってしまった。CDに近づいたというか、CDを越えたというか!

臼澤「最後の高校生活の夏休みを大事にしようと思います。友達の顔を覚えて、離れても音楽でつながっていたいと思います!」

臼澤「ここでゲストです。先ほどの曲を書いた江崎とし子さんです。最近はボイストレーニングの先生もしてます!」

江崎さん、青いドレスで登場。赤い衣装のみさきちゃんをみて。

江崎「私たち、赤鬼・青鬼!」

江崎「最近、四国ツアーに行ってきました。高知で鰹のタタキを食べたんですけど、向こうは塩にスダチで美味しかったんです!みさきちゃん、四国といえば?」

臼澤「ポンジュース!」

江崎「じゃ、ポンジュースツアーをそのうちに(笑)。」

8.鳥になりたい

臼澤「江崎さんと一緒に歌いました。誰かがとなりに立っていると安心感があります!」

臼澤「次は、SeanNorthの曲の中で『ヤバい!』曲を歌います!」

9.ティル・ナ・ノイール

臼澤「この曲を道で歌うと楽しいです!」

佐々木「仙台の路上でも歌ってたよね?」

臼澤「初めて聴いたのが去年の江戸広場で共演したときで、ルミさんが歌うのをステージの後ろできいて『スゴい!』って思いました。これからも、こういう曲を歌いたいです!」

10.みちのく節
11.さんさ里唄

臼澤「来月になったら8月、東北では夏祭りの季節です。みなさん、東北に来てください!」

ーーーーーーーーーーーーーー
1.ワンツースマイル
2.みさき節
3.故郷~Blue Sky Homeland~
4.八重の風
5.外山節
6.名前
7.指きり
8.鳥になりたい
9.ティル・ナ・ノイール
10.みちのく節
11.さんさ里唄
ーーーーーーーーーーーーーー

そして、人生は続く。