出陣の賦

九州豪雨が一日も早く復興しますように

「とと姉ちゃん」終戦直後編のネタ元としての猪野健治「東京闇市興亡史」(ふたばらいふ新書)

とと姉ちゃん」、ようやく本領発揮するぞ!
戦争が終わって、コメディやらコントやらのシーンが増えてクスリとする機会も増えるはず。お笑い出身の脚本家様なら、きっとなんとかしてくれるはずなんです。粛々と!(※1)

闇市といえば、朝ドラでいえば「梅ちゃん先生」以来の登場か?あんときは、蒲田の闇市が序盤大活躍だったんだよな。

一昨日あたりの回。闇市の食堂で、「残飯シチュー(※2)」を食べるシーンがあったけど。おや?
猪野健治「東京闇市興亡史」(ふたばらいふ新書)
→が、参考資料の気配濃厚じゃないですかーッ!

この本、終戦直後の闇市のいろいろを教えてくれるんだけど。まっ、話が衝撃的で男の自分でもドン引きした「パンパン」のくだりは決して朝ドラには出るまい。
→そこを敢えてやった「カーネーション」、やっぱりスゴかったな。

まあよ、闇市は無法地帯そして解放区!
明日きっと、無法地帯ゆえのパクリがあるんだろうよと思うんです。そんなの、「NHKステラ」にとっくにあらすじ書いてるんでしょうけど言わずにいられなかった。そんな夜だった、寂しかった。

そして、人生は続く。粛々と、

東京闇市興亡史 (ふたばらいふ新書)

東京闇市興亡史 (ふたばらいふ新書)


















※1 粛々と!
職場に、「粛々とやりまーす!」と連呼するヤツがいて。仕事ぶりから判断して、「適当にやりまーす!」という意味だったんだなと。コイツに関わって三年目に悟った。

※2 残飯シチュー
早いハナシが米軍キャンプの残飯、たまに使用済みコンドームやら吸い殻が入ってるお茶目な代物だけど栄養価は高かった。