出陣の賦

FOR THE SOPHISCATED PEOPLE

-2日

いよいよ明日は聖戦前日の移動日。仕事に穴を開けては申し訳ないと、昨日はオールしたんだけど焼け石に水だった(笑)。あー、明日は炎上不可避ですね(毒)。
★そもそも独りに重圧をかけ放題だから、たかだか一日休んだだけで大惨事となるのです!

明後日、きっとハードな現場になる。そういう現場にSEIKO5を巻いて臨むことに躊躇があった。まっ、今も世界のハードな現場ではSEIKO5が大活躍してるのは百も承知。
★だが、愛着がそれを許さなかった!

だから私は、CASIO HDA-600。
いわゆるチープカシオの中でも、ヘビーデューティな仕様はきっとハードな現場でも耐えうる筈。
★そして、もし致命的に壊れても財布が惜しくない。おねだん以上、ニトリ未満!

戦いを終えて部屋に帰れた頃、SEIKO5はちゃんと時を刻んでくれてるのだろうか?きっと無理だな、もし無事に帰れたら、巻き時計用のリザーバー買ってみようか。
★そして自分の時計は、あの時以来止まったまま!

神の御意のままに。