読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出陣の賦

FOR THE SOPHISCATED PEOPLE

社畜がアルゼンチン・タンゴを踊る夜

あーあ、書くネタに困らない。困る。
そして、こんな毎日のせいで。先月観た「ちはやふる 下の句」がどんなに素晴らしかったかを書くタイミングを逃し続けている。

あの映画で、広瀬すずちゃんがどんなに輝いていたか!幾千の言葉でも語り尽くせないけど、今の自分の状況についてはたった一つのシンプルなフレーズで言い表せる。

「キツい!」

さっすがブラック企業、職員の残業を減らそうという趣旨の下。一人一人の残業時間を集計する仕事を投げられてしまい、それが結構な手間でますます残業が増えているだけのことはある!

ブラックだ、ブラックすぎる・・・。
今日、いや昨日。ブラックすぎる事が起きてしまい、それが余りにブラックすぎて。こんなトコじゃ、到底書けないことが起きてしまい。心底、消耗した。

疲れた、今週末はフルで休んじゃおう。仕事はため込み放題だけど、休もう。

休んでる間、「見えない小人さん」が仕事片づける展開なんかある訳ないんだけど。
★それ、「血のつながらない妹と諸般の事情で同居生活を送るハメになる」展開よりも可能性が低いんだけど。
→今は、可能性に賭けるしかないぞと。

今まで、ギリギリの壁の上で踊ってたつもりだけど。
もう、玄界灘。アルゼンチンの国家予算なみに債務だらけのお仕事じゃ、もう玄界灘

「デフォルト決定!債務不履行決定!」
社畜、アルゼンチン・タンゴを踊りまーす。いがったぁ♪

そして、人生は続く。
(続くの?)

アルゼンチン・タンゴ

アルゼンチン・タンゴ