出陣の賦

FOR THE SOPHISCATED PEOPLE

「ちはやふる 上の句」

結論、この映画はスゴい。
観終えたら、すっかり広瀬すずちゃんのファンになってしまっていた。自分、三代続いた広瀬アリス派だったのに!

あーこれ、一昨日も書いたかもだけど。漫画原作を映画化するときの大事なポイントは、
①エピソードの取捨選択が大事、そうしないと2時間の枠におさまらぬ。
②かといって、原作ファンですら「忠実なダイジェスト版」を映画に求めていない。
→そんな相反する2点に、映画「ちはやふる」は十分な回答を示したと思った。上から目線で恐縮!

それから、素人にはとっつきづらそうな競技かるたの世界をわかりやすく&関心持たせてくれる展開がありがたい。それこそ、見終わって「例の素振り」をやってしまいながらシアターを出た。

それにしても、だ。かるたの事しか頭にない主人公が、仲間と友情を深めあい成長する展開。
★これぞまさしく、教養小説ビルドゥングスロマンじゃないですかーッ!
→これ、原作もチェックしなきゃならんやつだ。
→の一方、来月公開の「下の句」が待ちきれん!

うん、3月4月が相変わらずのデスマーチ展開なんだけど。乗り切って「下の句」観なきゃと思ったんだ。

そして、人生は続く。

映画『ちはやふる』オリジナル・サウンドトラック

映画『ちはやふる』オリジナル・サウンドトラック

こいのうた~inspired by 映画「ちはやふる」

こいのうた~inspired by 映画「ちはやふる」