出陣の賦

FOR THE SOPHISCATED PEOPLE

木曜時代劇「ちかえもん」を観なかったヤツ、ざまァ!

「ちかえもん」が昨日、最終回を迎えてしまった。NHKの時代劇らしからぬ展開もさることながら、役者の面子も言うことなし。とっても見応えのある作品だった!

そして思った。
★これ、いろいろ仕込んでるヤツだ!

ーーーーーーーーーーーーーーー
その①「三つの朝ドラが関与」

・青木祟高


(あさが来た)
に、ヒロインの母役の寺島しのぶのお母様の富司純子が出演。奇しくもこの日「あさが来た」ではヒロインの母が亡くなった回であった。って考え過ぎか?

ーーーーーーーーーーーーーーー
その②「鯖に始まり鯖に終わる」

・第1回では、母の我が儘で季節はずれの鯖を求めてた。
・最終回では、登場人物が越前で鯖を取る漁師になった。
→どんだけ、鯖が好きなんだ!

ーーーーーーーーーーーーーーー
その③「入れ子構造」

「不孝糖」だなんて、親不孝を勧める代物を売ってた万吉だけど。なぜか近松の母には気に入られていた。

そして万吉に感化された近松は、「曽根崎心中」なる親不孝な物語で世間を沸かせて。結局、母を大喜びさせた。考えすぎですか?

まっ、重箱の隅をつつくような事しても。
「ちかえもん」の面白さは、半分も伝わらないでしょう。

★いがったァ♪
★まずは、観でみろでじゃ!
→あっ、もう終わったんでした(笑)。
→偽善者おじさん、恐縮です。

そして、人生は続く。
そして、松尾スズキ最高!松尾スズキの頭ン中 [DVD]

松尾スズキの頭ン中 [DVD]