出陣の賦

FOR THE SOPHISCATED PEOPLE

偽善者でも認めざるを得ない、懐中電灯の必携事案について。

毎年毎年、3.11を経る度にしんどくなる。

あの日。たまたま被災して、一週間家に帰れないわ。ここには書けない話がいっぱいで、この日を越えるのはしんどかった。

 

あと、ウチはたまたま床下浸水で済んだけど。被害がそれ以上で済まなかった方々については、同情を申し上げるだけでは只の偽善者、もはや何も言うまい。

→そうそう今年は、公的になかったことにされるシナリオも進行したしな。じゃ、あの被災はなんなんだった? 最近、 「えっ?」と思ったのが。

★「懐中電灯」携帯してると、お巡りさんのお世話になる件。

全文表示 | 理由なく「懐中電灯」持ってると逮捕される 軽犯罪法違反になる意外な物品 : J-CASTニュース

 

そりゃよ。

法律の都合上、ホームセンターで売ってる包丁買って。家に帰る途中で職質されて「鞄の中身みせてください」で引っかかると、お縄になる場合もあること知ってるさ。

 

しかし、懐中電灯は、どうなんだ? 2011.3.11のあの晩、東北の大部分で電気の供給が止まった日。どれだけ懐中電灯の類いが役に立ったか。当時持ってなくて 、やっとこ日常が復旧した頃にLEDの最新型買って鞄に入れて今に至ってる。たまに役に立ってる。

→それが、お巡りさん案件。は?

 

ほんと思うんだけど、昔は。

つい最近までは、いざという時のために刃物と火をつける道具を携帯してるのが当たり前だったというのに、なに「ゆとり」してるんでしょうか?

 

いろいろ思うトコは多々あるんですが、そう遠くない時にまた同じ事がおこるんだ。それに対して、準備はできてるんでしょうか?

 

すくなくともあの頃の経験でいうと。

被災後1週間。被災地は、世間をアテにできないことは。よーくわかった。

→だから気づいた方だけ、勝手に準備なされたしだ!

 

したっけね。 

 

ソフトLED アルカプッシュ ペンライト ブラック 0-9271-26

ソフトLED アルカプッシュ ペンライト ブラック 0-9271-26

 

 

らーめんおっぺしゃん

前から行きたかった「おっぺしゃん」盛岡駅前店、やっとこさ行けた。


f:id:molotov1973:20170310230840j:image

 

説明しよう! 「おっぺしゃん」とは、仙台を本拠地として展開している熊本ラーメンのお店。数ヶ月前に、盛岡にも進出。初の岩手進出ということで、非常に期待されているんだとか。

 

熊本ラーメン、去年の6月に災害ボランティアに出かけた現地でガッツリとハマった。なんの前情報も持たずに「どうせ博多ラーメンと変わりないんでしょ?」とタカをくく っていたら、いざ丼が目の前に運ばれたら衝撃だった。マー油ならではの真っ黒いスープ、独特な香り、頭を殴られたようなショック。そしてハマって毎晩食った。あの頃、街中の建物に立ち入り検査の結果(通称「赤紙」)がベタベタ貼られてた。

 

地元・岩手でもこの味がほしい! 実は、岩手でも熊本ラーメンが食べられるお店が意外とあるんだけど。花巻の豚骨ラーメン店で修行した方達が暖簾分けした店が結構な数、あるんだけど 。はっきり言って、美味しいんだけど。

★あくまでメインが博多ラーメンなのが、気にくわなかった!

→熊本ラー様をサイドメニュー扱いなど、不届き千万。

 

そこに遂に、満を持して熊本ラーメン専業のお店が進出ですよ社長! 箸が立ちそうなほど、ドロッドロに煮詰められたスープに熊本から直送された細麺が絡むと多幸感しかない。今日は典型的な熊本ラーメンにしたけど、ゆず味噌とんこつラーメン及び魚介醤油とんこつラー メンも面白そう。なんか足し算ばっかり、正直オーソドックスな熊本ラーメンですら要素だらけなのに、まだ盛り込む姿勢が素晴らしい!

 

さて明日、仕事に行かねばならん。 だんだん忙しくなりそう、こっちの方は引き算してほしいトコだよな。あー、やってらんね。

 

したっけね。

東日本大震災犠牲者への追悼として、岡田優子横浜市教育委員会教育長に鉄槌を!

 また3.11が近づいてきた。あの頃の思い出(大体イヤなもんばっかり)がまた蘇ってくるんだが、なんだってそうだけど。あれから6年経とうとも、もう終わった訳じゃない。まだまだ我々に影響を及ぼしていることを決して忘れてはなるまい。

 

いつも愛読させてもらってるブロガーさんの投稿で知ったんだけど、本日NHKのニュースでこんな事が報じられたんだとか。

 

ーーーーーーーーーー ーーーーーーーー

福島県では、独自の道徳教材を用いて授業を行っている。中学3年生の授業はこんなテーマ。

 

「福島の桃を食べたい」と言う子どもに対して、母親が「やめなさい」と言いました。あなたはどう思いますか?

 

生徒①「偏見だ!」

生徒②「差別だ!」

生徒③「悲しい・・・。」

 

先生「うん、そうだね。でもお母さんとしては、子どもの事を思ってそんな事を言ったんじゃないかな?」

 

生徒①②③「なんだ、 偏見じゃないんだ。いがったぁ♪」

 

先生「今後君たちは、進学や就職で他県に出たとき。多かれ少なかれこういう事に必ずぶつかるんだ。それを乗り越えていく強さを身につけてほしい!」

 

生徒①②③「先生~!」

 

先生「これが青春だ!今からあの夕日までかけっこだ!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

→なんとも言えない気分になった。

→教育って、「他県でいじめられたりしないようにする」たら現状の問題解決だけに終始してイイのか?

 

ここでいう、「乗り越えていく強さ」って何だろう? オレは、「誰にも悪口を言わせない威力」だと思った。

 

そうでないと、整合性がつかない。早い話が被害者なのに、考えが合わない他者に思いやる余裕なんてねぇだろ?

 

強くなんなきゃな。

強くなれば、ひたすら低脳でクズな偽善者どもから表だって誹謗中傷されることもあるまい。でも本当に、こんなんでイイのか?

 

と、いう訳で。

そういえば、来週辺りにお役所の人事異動が発表になるんだろ?この件の問題を見事にあぶり出してくれた、岡田優横浜市教育委員会教育長さまにおかれましては。ちゃら~っと、更迭されることを切に願っております。 したっけね。

久々に残業がハーコーだった夜は、久慈を去ったものどもに想いを馳せてみよう。

 だんだん、年度末進行の靴音が迫ってきた。本日は徐々に身体を慣らすため、負荷多めに仕事こなしてきた。きっと来週には寝言も言えない状況、転勤が決まったら引っ越しにも着手せねばなるまい。

 

来月の今頃、きっとどこか他所にいると思うんだ。せめて今夜くらい、かつて久慈にあったものどもについて想いを馳せたっていいじゃないか?

 

「あまち ゃん」第1回にて、久慈をモデルにした舞台「北三陸市」について大吉が「百円ショップですら潰れる街」呼ばわりしてたけど。ほんとその通りだった。昔の話聞いてると、昔の方がよっぽど賑やかで住みよい街だったんじゃないかとしか思えない。

 

昔、こんなのが久慈にあった。

ダイエー ダイエー福岡ダイエーホークスを手放す、ずっと前に撤退。

モスバーガー 久慈の住民には、ちと敷居が高かったらしい。モスって創 業者が岩手県大船渡市出身で、岩手県南の沿岸地方である気仙地区の出店には思い入れがあって。採算が取れなかろうが、それこそ陸前高田の店舗が津波で被災しようとも、意地でも撤退しなかったらしい。そのおこだわり、北三陸にもくれよ!

ドトール スーパー内の軽食コーナー的に出店していたらしいけど、遂に久慈には根付かなかったらしい。通則上、ドトールが立地してない街にスタバは来ない。

マクドナルド 嘗ては岩 手県北地方唯一の店舗が久慈にあって、わざわざ片道50キロかけて百円マック食べて満足して帰るような状態だったけど東日本大震災津波被災。当時、日本マクドナルドの偉い人が「被災した店舗、撤退なんてしません!」と宣言した1週間もしないうちに久慈店が撤退したこと、現地の人は未だに恨んでるらしい。

ヤマダ電機 2年前。出店のしすぎで経営悪化したヤマダ電機の大量閉店、もちろん久慈の店舗もリストに入ってまし たよ!

宮脇書店 明後日あたりにリニューアルするっていうけど、縮小されてないよね?

 

ああ、なんか虚しくなってきた。思うに、せっかく全国展開してるチェーン店が。せっかく出店しても長続きしない原因、やっぱり人口減少・過疎化なんだべなと思う。一応言っておくと、「田舎だから」で片づけられるのは心外。これは日本全体で進行してる人口減少・集落消滅の最先端がココで展開されてんだ。久慈の今が、10年後の東 京なんですよと言ってみる。

 

そして、もう一つ悲しいお知らせがあります。

⑦オレ

もうすぐ、撤退します。

Auf Wiedersehwen!

したっけね。

Auf Widersehen

Auf Widersehen

  • ジェリー・ウォレス
  • カントリー
  • ¥200

春は出会いと別れの季節、そして趣旨が違う。

今度、部下がウチより条件のイイとこに転職する事になった。あー、この子ふだんニコニコしてたけど。頭の中は「ここ早く出たいなぁ」って思ってたのかとか今は言うまい、なぜならオレも毎日そう思ってるから。

 

最後の出勤の日、花束贈呈とかの式をした後。となりのシマの定年間際のおっさんが、彼女にこう一声かけた。

「新しい職場でも、がんばってね!」

→この、何気ない一言が非常に 引っかかってしまった。なんか・・・なんかな・・・、趣旨が違う!その理由は以下の通り。

ーーーーーーーーーーーー

①「お前ががんばれよ!」

このおっさん、早い話が。この歳で新人に仕事を教えてもらうようなくらい、絶望的に仕事ができない方で。もうなんだろう、泥棒に「人の物を勝手に取るな」って言われるようなモンだよなこれ。

★まっ、事実。給料泥棒なんですが(笑)。

ーーーーーーーーーーーー

②「絡み 厨おじさん」

正直言って、おっさんと彼女はシマが違うから普段会話する仲でもないのに。こういう場面ですかさず絡もうという、目の前に転がってきたボールをモノにしようという意欲。その百分の一でも、仕事に振ってほしかった。 そうそう、このおっさん。新人の女の子に仕事を教えてもらう(実話)とき、いつも眼がハンターのようにギラツイてたと評判だった(笑)

ーーーーーーーーーーーー

③「『年相応』の大切さ」

あの春の頃。仕事をため込みすぎた玄白おっさんが、ヤキ回って休日出勤してた時期。

(→それでも片づかなかった、お茶目な結末になったのは別の話)

(→とうとう息詰まった頃、おっさんお休みモードに入ってしまい。代わりのバイトさんを求人して面接して、採用の段取りを取ってる最中に。突然「オレ復帰しま~す」と宣言したせいで、総てが無駄になった。復帰したあと、一月保たずにまたお休みモードに入ったのもまた別の話)

 

休日出勤の日の、おっさんの私服がスゴかった。

・スタジャン

・原色のトレーナー

・ジーンズ

・スニーカー

→1980年頃、「明星」でトシちゃんこと田原俊彦がこんなカッコしてた。 一周回って格好良かったけど、「この人若い頃から、ずっとこのカッコだったのかも・・・。」と疑ってしまう。 なんというか、この人。若い頃から。

・ファッションセンスも

・仕事の経験も

・女の好み(→若い女しか目がいかない)

も 全く、進歩しなかったんじゃないか?と思ってしまった。

ーーーーーーーーーーーー

うん、ちと言い過ぎたかな? でもよ、あんまりショックで開いた口が塞がらなくなって。

 

翌日から元部下になってしまう彼女に、最後に一言かけられなかったんだ。

 

「新しい職場でも頑張ってね!」

→もう絶対に届かない場所から、言ってみるしかなかった。

 

そして、もう一言あるんだ。

「四月から、オレも新しい職場で頑張るね!」

→あーあ、早く出たいなぁ。毎朝、カレンダーに×をつけるのが 楽しみになってきたよ。 →出所前の、塀の中の懲りない面々かよ。

 

したっけね。

 

塀の中の懲りない面々 (文春文庫)

塀の中の懲りない面々 (文春文庫)

 

 

 

オレが社畜すぎた頃

あーあオレ、今度はどこに転勤するんだろう? 今まで、転勤する度エグい思いをしてきた。

・初出勤した日の夕方、「あんたも弁当取るんでしょ?」と言われウンと言ったら。そのまま11時まで 残業してしまった。

・転勤したその日から、同僚が二人もメンタルで休んでしまい。一年間、三人分働かされた。

→キツい事ばっかりだったけど明らかに15年前のアレに比べれば大分マシだろと思う。

 

あの日、転勤初日から変な雰囲気だった。 はっきり言って、部署じゃオレが新参者なのに。オレだけやたら仕事の振り分けが多すぎた。後で聞いたら、オレの担当って誰もやりたがらず。転勤したオレが、何も知らないのをいいことに押しつけたらしい。こいつら偽善者だ!

 

なんも引き継ぎされてない中、自分なりになんとかしようとした。せめて仕事に集中できる環境を用意してほしかったが、もちろん用意してくれる訳なかった。ただでさえ担当の 仕事が忙しいのに、窓口の仕事までやらされた。一応、与えられた仕事はちゃんとしたいと電話交換には「オレが窓口に立ってる間は、オレに電話かかってもつなげるな。後でかけ直すと言っとけ。」と再三言ったにも拘わらず、ルール違反が頻発。ブチ切れて怒鳴り込んだら、電話交換が上司に告げ口しやがって、呆れた。

 

上司からのお説教のあと、

「じゃ、正社員のオレとバイトの電話交換とどっちが大事なんですか?」

と言ってみたら、上司がこう言った。

「まあ、 今は辛いだろうけど。そのうちイイ経験になるから。」

 

うん、イイ経験になった。 オレがバタバタしつつも、なんとか1年やりくりした後。オレの仕事がまるまる外部の業者に委託されることになった。次の年、また他の誰もやりたがらない別の仕事を押しつけられた。

→この無駄になった1年間、返してくれ!

→なんだオレ、ただのツナギ扱いだったんだ。真面目にやって、損した。

 

まっ、こういう事があればどこ行っても。コレよりヒドい事にはならないべと思う。そう思うしかなかった。

 

したっけね。

 

もしもパワハラ上司がドラゴンにさらわれたら (幻冬舎文庫)
 

 

冬の乾燥肌における、へパリンの有用性。及び、

 毎冬毎冬、乾燥肌に悩まされていた。粉ふきで見てくれがヒドくなるのは、まだいい。寝ても全身が痒くて目が覚めることがほぼ毎晩、特に常に外気を浴びっぱなしの顔面のダメージが著しく、毎冬肌が始終ピリピリ痛くて。はっきり言って、暮らしに支障を来していた。

 

こういう場合、黙って皮膚科で診てもらえばイイんだよ。もちろん、今冬も相変わらず忙しくて今冬も皮膚科に行く暇なんて なかった。でも今冬は市販のへパリン入りローションのおかげで、結構マシなほうだった。

 

今まで、冬の乾燥肌対策。保湿ばっかりしてなかったんだけど、本当はダメージは皮膚の深層まで受けており。奥までダメージを受けてんのに、今さら表層だけ保湿しても根本的な解決にならないでしょ? そう、必要なのは「修復」。

 

へパリン含有ローションを使用すると皮膚の中まで浸透して、大分マシになるらしい。


冬の乾燥から来る!粉ふき肌の対策まとめ - NAVER まとめ

な?

 

でだ。これ って、いろんな事にも当てはまるんじゃないか?ダメージを受けたら、とっさにダメージの防御をするのは勿論のこと。ダメージを受けた箇所(予想より深度にまで達してる)の修復に動かなければならないのではないか?

 

そういうのを怠ると、だんだんダメになっていき民心が離れてしまい。やがては残った連中で、タラレバつまみに一生酒呑んでるダメループに陥る。哀しい。

 

そういう事を防ぐために、組織ってヤツは人事異動を定 期的にするんだろうけど。いざオレが俎上に上げられるのはマジ勘弁、今度はどこに跳ばされるんだろう?ただでさえ忙しい年度末、そこに自分の引っ越しまで入るともう。何が楽しくて生きてるのか、毎回わからなくなる。

 

まっ、もしココでキツい目に遭おうとも。これは次なる成長への布石、むしろ喜ぶべきなんでしょうけどダメージはどうする?

★誰か、修復してくれ。

したっけね。