出陣の賦

九州豪雨が一日も早く復興しますように

Softly「ふたりの距離」発売記念 Softly 1st Tour~0mm~追加公演 #day 2 ふたりきりのワンマンライブ

2017年8月19日。

f:id:molotov1973:20170821222557j:image

苫小牧ELLCUBEの公演最終日、バンド編成の前日とは変わって本日はSoftlyの弾き語り。結論から言うと、「インディーズ時代。二人とも苫小牧在住だった頃って、こんな感じだったんだべな。」とメジャーデビュー新参のオレでも実感できた素敵なライブだった。

 

17:00頃Softlyの二人が登場、黒TのMUTSUKIちゃんに白いフリルのトップスのHARUKAちゃん。

 

「Softly,はじまるよ。」

 

前日に引き続き、インディーズ時代の楽曲多めな中。恒例の即興コーナーのお題が、

・函館

・双子コーデ

・抹茶

→「こんなお題で曲ができるか!」と言いたくなる難局だったけど流石、いつものようにパッと作詞して会場は大ウケだった。

→曲づくりも兼ねてのフリートークのとき、MUTSUKIちゃんの「抹茶って、食べれる抹茶だよね?」の一言で、会場が微妙な空気になったことも申し添え(笑)。

→そして、MUTSUKIちゃんの双子コーデにまつわる中学時代のエピソードが...。この話は墓場へ持って行こう。

 

そうそう、今回のライブは墓場に持っていかざるを得ない話がいっぱいで。即興コーナーの後は未発表3曲メドレー、これが特に2曲めがSNS等で口外してはいけない代物で。ええ、そう言われた以上「口外してはいけない」と言われたこと自体も口外してはいけないような気もするんですが、差し支えない範囲で言うと曲が重い、重たすぎる...なんかね、「輪廻転生を重ねて生と死の境界を越えてでもあなたを愛し続ける」みたいな。言いようによっては、こんな重たい曲も作れるんだなと発見。この曲、もったいなかった。おや、オレこの曲好きなのかな?(精一杯のギリギリ表現)

→の、一方。未発表3曲め「おんぶ」が、「彼氏におんぶしてもらう女の子の曲がアルバムに入ってたら可愛いかなぁ。」と思って作ったけどお蔵入りになったんだとか、残念だけど優しい世界。

 

未発表とはまた違うけど、クラリーノWEB CM曲「小さな君」が初めて生で聴けた。それから「ア・イ・タ・イ」のボーカルをHARUKAちゃんが担当して、MUTSUKIちゃんがコーラスに徹したのも初めて生で聴けた。さっきの未発表メドレーも併せて「苫小牧まで来て良かったな」と感激!

 

HARUKAちゃんの歌って、久々だなと思ってたトコに上乗せするように。「up to you」でHARUKAちゃんが歌うことになったんだけど、歌詞が飛んでしまったHARUKAちゃん。そこに会場のみんなが合唱する一幕があって、北海道ってあったかいなと思った。あっ地元・岩手は...、そういう意味じゃないです(笑)。

 

最後の曲を終えて退場するや否や、オーディエンスが「ふたり」のフレーズを繰り返してアンコールを催促。そして、アンコールは「ふたり」。こうしてSoftlyのファーストツアーは無事終了。

 

Softlyのライブはほんと独特で。特に今回はMC中にMUTSUKIちゃんが「ホッキカレー食べに行くから」と苫小牧ローカルな理由で退場したり(実は黄T着替タイムだった)等、ところどころヘンテコな所もあるんだけど。そういうの全部含めてSoftlyなんだ、こんなSoftlyを応援していこうと思って岩手へ帰ったのだった(家に着くのに16時間かかった)。

 

したっけね。

 

ーーーーーーーーーーーー

1.おれんじ

2.ふらわー

3.たとえばあなたと

4.ポケットの

5.(即興)右が出れば左も出る

6.(未発表)ANOTHER NAME

7.(未発表)

8.(未発表)おんぶ

9.小さな君

10.あなたの隣で

11.ア・イ・タ・イ

12.恋心よあたしにきっと幸あれ

12.花言葉

14.up to you

15.Maybe~どうでもいいの~

E.ふたり

ーーーーーーーーーーーー


f:id:molotov1973:20170821222622j:image

Softly「ふたりの距離」発売記念 Softly 1st Tour~0mm~追加公演 #day 1 ふたりと素敵な仲間たち

Softlyの初ツアーの追加公演が出身地・苫小牧にて2夜連続で開催、このツアー岩手県民なモンで。結局仙台公演しか参戦できなかったオレでも、苫小牧なら行けんべ。なんなら八戸からフェリーで一直線だべということで参戦した次第。

 

8月18日18時、会場・苫小牧ELLCUBE着。地元の小さい街のライブハウスがこんな感じで、なんかホッとする。そしてここは、Softlyがメジャーデビュー告知した聖地でもあって感慨深い。

 
f:id:molotov1973:20170820185845j:image

 

19:00開演 

紺色のカットソーのMUTSUKIちゃん、黄色ツアーTをリメイクしたHARUKAちゃん(ツインテ、いい)登場。

「Softly、はじまるよ。」

そこからはもう、いつも通りの楽しいひとときですよ社長!

 

今回は特に、MUTSUKIちゃんが体調不良で声が出ないことが心配されたなか本番ではちゃんと声が出たプロ根性。そしてHARUKAちゃんがいつにも増して噛みまくる展開で、遠方参戦した甲斐あったなと思った。

 

そして即興コーナー、

・サッカー

・夏

・苫小牧

のお題でつくった歌が

「地元・苫小牧でいっしょにサッカーしてた友達とぶつかり合った。夏嫌い夏嫌い夏嫌い!」

なる、「何があったんだ...?」と言いたくなる内容プラス「夏嫌い」連呼でオーディエンスは大爆笑。

(ちなみに、後のMCでMUTSUKIちゃんが大げんかした友達とは今も連絡取りあってて。男にふられた時だけ...って、これ以上言ったらダメなやつ!)

 

アンコールMCの物販タイムで新商品の説明をするHARUKAちゃん「(マフラータオル、)水色はもう古い!」という無慈悲(笑)な鉄槌に続けて「トートも紺はもう古い!これからは黒です!」と力説。

 

そこにMUTSUKIちゃんが「そういえば、さっきの演奏の時。HARUKAちゃん狐が憑いたみたいに弾いてたね?」と一言。

→狐なだけに、コーン(紺)と言いたかったそうです(笑)。

 

第1日めはバンド編成での公演、第2日めはMUTSUKIちゃんHARUKAちゃんの二人での弾き語りということで、どんな展開になんだべとワクワクした晩だったんだ。

 

したっけね。

 

ーーーーーーーーーーーーー

1.Maybe~どうでもいいの~

2.DRIVE

3.Girl's talk

4.ふたり

5.(即興)「バレンタイン~うまくいくと思うなよ」

6.ポケットの中

7.ロマンス

8.あなたは会えるけど全部ダメ

9.その笑

顔を見ていたくて

10.スキナノカナ

11.それでも歩く道

E.キミがいい

ーーーーーーーーーーーーー

 

夏休み映画イッキ観レビュー

本日、一日中映画館に籠もりきりで4本イッキ観してきた。朝映画館に入って総てのプログラムが観終わって外に出たら真っ暗、一日まるまる無駄にできてざまぁみろだ。

 

忍びの国

→「川」は良かった。「川」、は。

 

②「君の膵臓を食べたい」

→ヒロイン・浜辺美波ちゃんの魅力が溢れすぎているミラクルのせいで、もはや本筋が何の話だったか記憶にございません(笑)。森友たら加計学園たらで忖度した人も、こんなミラクルがあったんでしょうねと。ほんと、スクリーンで観られてよかった。これは10余年前に、「世界の中心で、愛を叫ぶ」で長澤まさみちゃんにファーストコンタクトした時と遜色ないインパクトだったと言っても言い過ぎではあるまい!

 

③「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第1章」

 

「なんで原作通りに仙台市近郊でロケしなかったんだよ・・・」と言いたくもなったんだけど、スペインロケが豪華で目の保養になった。できれば第2章も出してほしい、本命・山岸由花子パートも観られるはず。このままじゃ、山岸由花子がただの「彼女気取りで干渉してくるクラスメイト」同然。小松菜奈ちゃんもさぞかし欲求不満じゃなかったんでしょうかと思う。次作希望。

 

④「心が叫びたがってるんだ」

→②に続いて一日に2作も「『壁ドン映画』から壁ドン抜いたような映画」を観る日が来るとは思わなかった、Making good things betterいいえ過ぎたこと~じゃなくって。明らかに「きみ膵」よりお金がかかってなさそうな中、ヒロイン芳根京子の演技が。地味で暗くて協調性がなくて向上心もないヒロインが徐々に心を開いていく...、の過程が素晴らしくていいモン観させてもらった。残念なことに、岩手じゃいま夜一上映かつ来週には終わるそうなので、まだ観てない県南地方の方はチェックされたしだ。

 

でもな、「ゲームは1日1時間、映画は1日1回」とはまさに名言で。4本も観ると印象がぼやけてしまうのもやむなし、この際もう一度観ようかとも思うけど。できない予定なんて組まないほうがいい、明日は墓参りに専念すねばな。

 

したっけね。

 

台風一過

台風5号、どうやら終息した模様。ホッとした。

 

台風のせいで、最近詰めてた秋田県大仙市西部の災害ボランティアセンターもお休み、そのまま盆休みに突入。ホームページを見てる分には、依頼も順調に減ってきていて。そろそろ、余所者がしゃしゃる場面ではないんじゃないかなと思えてきた。そろそろ自分の事を考えた方がいいかも。

 

しかしながら、まだ台風のシーズン真っ盛り。今年、まだまだ水害が全国のどこかで

起こる可能性は決して否定できない。

・震災は10年に1度起きたら多いほう

・水害は年に2度3度では少ないほう

だ。

→いつでも「いざ鎌」できるよう、準備だけはしとこう。

 

それにしても、なんとなーく。

最近になって水害が頻発してないか?気のせいか?温暖化のせいか?ゲリラ豪雨のせいか?それともやっぱり、ゆとり教育のせいか?

→もし、ぜんぶ40代独り暮らしのせいだったら。もはや一揆不可避。

 

したっけね。

 

台風一過 [DVD]

台風一過 [DVD]

 

 

 

あなたは、病休中の部下が自殺してないか毎日チェックしたことがありますか?②

内部異動する羽目になったが、今度の部署がヒドい。四六時中、誰かの呻き声が通奏低音のように響いてる。お祓いしてもらった方がいいのかもしれないが、オレにはどうって事なかった。

★なぜなら、前の職場。部下がいつも奇声を発しながら四つん這いで這いずり廻ってるような現場だったからな!

 

その部下、ついに拗れるトコまで拗れてしまい。とうとうお休みモードに入ってしまったんだが、

「これでもう、あの奇声を聴かなくてすむんだ...。」

→ちょっと、ホッとした。

 

一応、こんなんでも部下だから。帰る度にそいつのアパートに寄って部屋に電気が点いてるか、一応生きてるかチェックしてたんだけど。なんとなーく、「人間生活」のほう楽しめてらっしゃるようで。いいなぁ、オレも療養中したいなぁ。いがったぁ♪とすら思えてきた。

 

それにしても、だ。

やっぱ「療養中」さまって、きっとお勉強はストレス源という観点の下免除されんだべな。コイツ、職場の経費で受講してた資格の勉強。在りし日は「オレ忙しいんで、昨日も寝てねーし。」みたいな態度でしてなかったんだけど、まさか療養中にやってる訳ねえよな。そんな都合のイイ展開、決してある筈がない。

→だからオレが、仕事しながら勉強する羽目になってしまったんです。世間は、空いた穴を上司が埋めざるを得ないようにできているんです!

 

受験日まで、あと一月きった。

働きながら勉強するの心底キツかったが、今となってはもう。終わったら、パーッと遊んでやるんだという気分だけでなんとかやってる。に、してもムカつく。こういう思いを燃料にして、オレ生きてんだなーと実感させられてしまった。遊びてぇ。

 

したっけね。

 

 

秋田豪雨災害ボランティア②

今日、また秋田にボランティアしに行ってきた。

 

集中豪雨から2週間経った。「被災地の状況は刻一刻と変わる」と言うとおり、先週ボラ参加した頃とはまた状況が変わって来ている事を実感。

 

具体的には、秋田県内の各自治体が次々災害ボランティアセンターを封鎖するなか大仙市のみが唯一災害ボランティアセンター活動中。大仙市のうち特に西部(旧西仙北町)が未だ被害が甚大ということで、前日の段階から西部行きを推奨されていた。

 

行ったらまあ、今日も重労働。行った先が床下の泥かき、これは被災して半月頃から出てくる依頼。徐々にニーズが変わって来てるんだなと、先週は屋外の泥かきが主だった。こうして復旧が進んでいるんだなと実感。

 

今回のチームが老若男女・地元組&遠征組がうまく混ざったいいチームで、キツいながらも充実した一日だった。がっ、思った。この連中で二度と会うことってないんだなって。

一期一会とは、まさにこのこと。こんな出会いがあるから、ついつい現場に足を運ぶ次第なんだが。もう体力限界、今年の残りにもう災害が起こりませんように。まっ、事がいざ起きたら、いつでも「いざ鎌」なんですが。

 

したっけね。

 

追伸。

去年、南富良野で活躍したネコ車が。本日秋田で活躍。


f:id:molotov1973:20170805210235j:image

松居一代は復興の邪魔、じゃなかったのか?

松居一代は復興の邪魔、じゃなかったのか?

 

ほんと、今日一日気が気ではなかったけど。松居一代の福岡県朝倉市での災害ボランティアが無事終了した模様。

 

例の如く、オフィシャルブログでは賞賛コメバズり。ヤフコメでは中傷ばっかりな予想どおりの展開。その点、Twitterでは賛否両論で。ユーザーの多様性が幅広い点で、やっぱTwitterっていいトコだなと思うとともに言いたいことが一つある。

 

こういう、ネットたらSNS今回の松居氏のボラ参加に否定的なリプ飛ばす奴って。ボラに参加した事があるんですか?どうせ、一日中おうちに籠もってネット三昧なんじゃないんですか?

 

ボラ業界では、経験がない奴が偉そうな事言っても騒音扱い。発言権がないにも等しい。正直なところ、蚊帳の外でキャンキャン言ってる輩は無視してもいいんだけど。このまま放置したら、喉から手が出る程ほしいボラ業界の新規加入の邪魔になるかもと思い一筆したためた次第

 

したっけね