出陣の賦

FOR THE SOPHISCATED PEOPLE

10代はニーチェなんて読むな!

筒井康隆の名作「文学部唯野教授」に、たしかこんな一節があった。

 

ーーーーーーーーーーー

文学なんて読んでもためにならない!

・サド読んでマゾになる奴

太宰治読んで人間失格する奴

坂口安吾(代表作「堕落論」)読んで堕落する奴

ーーーーーーーーーーー

 

初めて読んだとき、「プッ」と笑ったけど。これって、文学に限ったハナシじゃないな。哲学界ではいま、「ニーチェを読むとバックレる」と囁かれる始末なんだから。

 

もうね、1週間経ってハナシが鎮静化したけど。哲学好きで「人生を危険にさらせ!(幻冬舎文庫)」を著して、その後本当に人生を危険にさらしてしまった須藤凛々花(以下、須藤)なんなんだ?ちなみに言うと、「人生を危険にさらせ」はニーチェの言葉。そういえば、須藤と同業者のニーチェかぶれの10代もバックレたっけな。うーん、10代でニーチェにかぶれるのは。10代で尾崎豊にカブれるくらい、ヤバい案件なのか?

→結論としては、半分正しく半分青い。

 

ニーチェが主張していたことは、世間一般に信じられている良識・常識・道徳を疑うこと。実はそれが個人のためにならない、個人の可能性を縛り付けているから一旦捨ててみろという事。映画「男はつらいよ」で例えると、

・常識に捕らわれている人々=さくらをはじめ柴又の人々

・常識から解放された人=寅さん

→あんまり、道徳から解放されたくない例えだよな(笑)。

 

まっ、御説ごもっともだけど。別にニーチェは常識を全否定しろとまでは言ってない、否定はしても上辺は信じてるフリして自己実現しろと言いたかったんだろうけど。何も知らない10代は、全否定の方向で解釈しちゃうんですよね。

 

さて、今回。こういう結論に至ったのがこの一冊。

 

原田まりるニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた」

 

出版元はダイヤモンド社、たぶんヒット作「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」路線の延長作かもだけど。京都の女子高生・アリサが次々哲学の巨人たちと出会ってしまい感化されるっていう、ぶっ飛んだ設定。深夜にCM流れまくりな「イケメン達に次々出会えちゃうスマホゲーム」みたいな設定なんだが。

 

そうそう。本作では、ニーチェ(が現代のイケメンに憑依設定)がまさにアプリゲームの制作者で。こんなくだりが、あったんだ。 

ーーーーーーーーーーー

「(中略)ニーチェは、どんなゲームをつくってるの?」

「代表作は、”The Twilight of the Idols~アイドルの夜明け~”だ。これはいまでもガンガン課金されている。そのうちアニメ化しそうな勢いだ」

アイドルの夜明け、一体どんなゲームなの?」

「恋愛禁止という掟の中で、恋愛禁止という掟を破り、週刊文春に撮られまくるという道徳的に縛られないアイドルを育成していくゲームだ」

ーーーーーーーーーーー

 まさか、現実になってしまうとは。

事実はラノベよりも奇なりだな。

 

したっけね。

 

 

映画「ハクソー・リッジ」

人生が辛い時は、戦争映画を観るに限る。

観た後、「そりゃ今ツラいけど、別に目の前で人が死んだり肉片が飛び散ってないだけまだマシじゃん。月曜日から、また頑張っぺ。」

という結論しか出てこない。いがったぁ♪

 

この映画、メル・ギブソン久々の監督作。ショッキングなシーンには定評のあるメル・ギブソン、ケンカして顔がボコボコになった状態で「マッドマックス」のオーディション受けて監督に気に入られたのがブレイクする契機になったメル・ギブソン。後にマッド過ぎて「マッドマックス」シリーズの最新作に出られなくなったメル・ギブソン節が炸裂、特に戦闘シーンが凄まじくてもう二度と観たくないレベル。戦争反対!

 

誰かの「忖度」の結果なのか、この映画が沖縄戦だったためか。本日公開なのに。なぜか話題に上がらない、奇しくも日本での初公開が「慰霊の日」の翌日だったのに。もうちょっと話題になってもよかった、もし本作が話題になったら味方が撤退した戦場で衛生兵として孤軍奮闘したデズモンド・ドス氏の関連著作が和訳されて書店に並んだかもなのに。

 

それにしてもこの作品、「バンザイ・アタック」シーンが日本人ですらイヤ~な気分になる。もしかしたら、この中に親類がいてもおかしくないかもなのに。

 

まっ、結論からいうと。職場でポンポン人が倒れる職場は、戦場なんですよ。乱暴

 

したっけね。

祝!来春朝ドラヒロインに永野芽郁ちゃん内定!

直近の投稿ペースの落ち込みからお察しだろうけど、だんだんブログ投稿が面倒になってきた。暇すらなくなってきた。

 

がっ、こげな嬉しいお知らせに浮かれてしまた。

 

来春朝ドラ“ヒロイン”に永野芽郁「本当にやれるんだと実感」 第98作『半分、青い。』 | ORICON NEWS

 いがったぁ♪

 

 

 永野芽郁ちゃん、今から2年前の映画「俺物語!!」でのヒロイン抜擢で素晴らしい演技してて。あの映画、「あの鈴木亮平が肉体改造までやって主演に臨むというのに相手役だれ?知らねーな。」って思ってらっけ。劇場行ったら射抜かれてしまった。

 

瑞々しくも、芯があって。もちろん華もあって、いがった。そりゃ、いつかは朝ドラヒロインになってほしいと思ってたけど。近ごろ映画に出ずっぱりで、「あーこの人、映画女優になっちゃった。」と思いこんでた。

 

がっ、そんな「なんか学園を舞台にした映画はやい話が『壁ドン映画』で、余裕で主演級のキャストに入れる映画女優」こと永野芽郁ちゃんが。来年の夏までのスケジュールを空けて、まるまる朝ドラに降臨してくれるんだぜ。ありがたや!

 

それ即ち、既に「壁ドン映画」・「月9ドラマ」でもヒロインを務めた有村架純ちゃんが過酷な朝ドラヒロインになってくれた。いがったぁ♪とも重なるわけですよ。

 

んでよ。

そんな有村架純ちゃんがヒロインを務めた月9ドラマ「いつかこの恋いを思い出してきっと泣いてしまう」のキャストがスゴい、キャストが悉く。後に朝ドラの主要キャストに出演、しかもヒロイン級が3名も!

有村架純ひよっこ

・高良健互(べっぴんさん)

・坂口健太郎(とと姉ちゃん

永野芽郁(半分、青い。)

高橋一生わろてんか

芳根京子(べっぴんさん)

→このキャストを決めた方、尊い。後に彼もしくは彼女は、朝ドラファンの間でノストラダムス並みの評価を受けるであろう。

 

なんか話はそれたけど、とにかく目出度い目出度い!

したっけね。

巣立ち

職場の中庭に、この春セキレイが巣をこさえた。

 

セキレイ、漢字で書けば鶺鴒ってヤツはとにかくアスファルトが大好き。もっと言うと人工物が大好き、人間に対する警戒心も明らかにスズメよりなくて。蛇やら犬猫やらの外敵がいない中庭って、セキレイには子育てに最適だったんだろう。

 

雛たちも大きくなって、この間いよいよ巣立ったんだ訳けど。結構ザワついて職場のみんなが仕事に集中できなくなるレベルだった。中庭から巣立とうとする雛鳥たちを狙って、高いところからトンビが旋回してピーヒョロピーヒョロうるさい。たまに急降下もしたりして、親鳥もピーピー警戒する始末。さらには、完全に獲った気になってピーヒョロ浮かれてるトンビの鳴き声ききつけてカラスが集団でやってきてトンビとバトルを始めて。もう収拾がつかない始末。夕方、帰る頃には中にはから離れたトコにセキレイがいた。あの後、どうなったかは知らない。

 

そういえば、スズメって平均寿命が2年しかないんだとか。スズメって、普段目にする機会も多いんだけど。その生活は思ったよりも相当過酷なんだそうだ。

たぶん、ほとんどは1年もしないうちに喰われたり食えなくなって死んじゃうんだろう。これが現実だ、これが世界だ。

 

この世界には新入りが次々現れる一方、去っていく者もいることも忘れてはならない。

 

とりぱん(6) (ワイドKC モーニング)

とりぱん(6) (ワイドKC モーニング)

 

 

向田邦子「森繁の重役読本(文春文庫)」

去年の今ごろ満島ひかりちゃんが主演したドラマ「トットてれび」、ありゃー名作だった。トットちゃんこと黒柳徹子に扮したのがハマり過ぎて、なんというか常識がちょっと人からズレてそうな辺りが共通してるからなんだべなと思ったんだけど。どうか?

 

各回とも最後がミュージカルシーン。さっすが満島ひかりちゃん沖縄アクターズスクールスクール出身、歌って踊れてて。観てて楽しかった。

 

ドラマ内で森繁久彌吉田鋼太郎)が主演するラジオドラマの脚本を向田邦子ミムラ)が担当しているシーンがあって。調べてみたら、当時の番組の台本が文庫化されてたから入手して積ん読。一年経った今ごろ読んでみたら、一気読破してしまった。もともと、森繁のミニドラマかつ出演者もナレーションも全部森繁が担当。昭和40年代のとある大企業の重役氏のボヤきたらなんたら、軽妙に繰り広げられるのが素敵。

 

にしても、向田邦子氏。こうやって一冊読むの初めてだった。正直、「毎年お盆になるとTBS系列で久世光彦氏プロデュースで終戦ものの特別ドラマガー」の人ってイメージだったけど。こういう人だったんだな。

 

乱暴に片づけると「サザエさん」のような「偉大なるマンネリ進行」なんだけど、読んでいるとココは「阿修羅のごとく」ココは「父の詫び状」と後の向田氏の代表作のエッセンスがポツポツ出かけている。そんな本作品、当時は放送局でもシナリオを保管する風習がないうえ。当の本人・向田氏も自分が書いたモンに対して執着心がなくて、2448回分あった台本が散逸しかけたところ、主演・森繁の資料室(!)からほぼ全作揃っていたのが見つかって。それがまわりまわって、こうして文庫本でお安く買えて容易く読めてる訳なんですよ奥さん!こげな出版文化、もうちょっと続きますように。

 

したっけね。

 

 

新装版 森繁の重役読本 (文春文庫)

新装版 森繁の重役読本 (文春文庫)

 

 

TFM「光のメロディー」season2希望!

6月までの期間限定で放送されてるJFN系のラジオ番組「おとなの自動車保険presents光のメロディー」に最近ハマってた。ナビゲーターを務める満島ひかりちゃんのキャラクターが強烈過ぎて、特にMCをしてる最中に何故かツボにハマってしまい独り笑いしながらしゃべり続ける辺りが一歩手前。うん、満島ひかりちゃんだから許されるんだ。

 

間の取り方すらフリーダム、フリートークもフリーダムで。特に番組の〆のフレーズ「満島ひかりです!31歳です!俳優です!」の奇妙なインパクトがたまらない。なんか今まで、「ラジオ番組とはかくあるべし」という思いこみで作られた番組をオレが「ラジオ番組とはかくあるべし」という思いこみのもと聴いてたのかもなと反省。

 

結構トークがぶっちゃけておって、中でも20歳頃に人生で唯一アルバイトをしてた時のエピソードがスゴい。中目黒の××ッ×でバイトをする際の面接で。

「あんた何を目指してんの?」と訊かれ

「女優です」と答えたら

「あんたは何者にもなっていない、卵にすらなっていない!」

ということで、お店での名前が「ニワトリの卵にすらなってない」という意味なのか「うずらちゃん」になり。原曲キーそのままで松浦亜弥を熱唱するサラリーマン等クセのある常連客たちのの隣で、やる気のない接客をしていたらしい。あー、今からタイムスリップしてその××ッ×に行きたい!

 

ちなみにその後、女優のみで食べていけることになりお店卒業。さらにそれから10年後「カルテット」にて「すずめちゃん」を好演。満島ひかりちゃん、10年かけて鶉から雀に進化したんだな。

 

さて、そんな満島ひかりちゃんがこの夏。映画「海辺の死と生」に主演します。

 

満島ひかり永山絢斗と“恋人役”共演 映画『海辺の生と死』 | ORICON NEWS http://www.oricon.co.jp/news/2088241/full/ #Yahooニュースアプリ

 

 これ、早い話が読んでいてイヤーな気分になるけど途中で止められない私小説である島尾敏雄「死の棘」のエピソード0というべき作品で。戦時中に「海の特攻隊」こと魚雷艇乗組員として奄美に赴任した島尾敏雄と、後に島尾氏の妻になるミホとの出会いが

描かれるんだそうだ。

 

満島ひかりちゃん、沖縄育ちなんだけど親御さんは奄美出身だそうで。なんでも、南西諸島における奄美って東北における秋田と同等。早い話が美人のでどこなそうで、言われてみれば納得。この映画、きっと戦争の悲惨さと平和の大切さを実感できるとともに。奄美の自然と島唄も堪能できる作品になってるはず。観ねぇばなんねっぺっ。

 

それにしても、だ。

なぜ満島ひかりちゃんは、うずらちゃんからここまで登り詰められたのか?

→正解は、朝ドラ出身だから。朝ドラマンセー

 

したっけね

第73回現展(国立新美術館)

(前回までのあらすじ)

国立新美術館行って「ミュシャ展」行ったら、行列長くて心が折れた。

 

でも、オレにはプランBがあった。

★第73回現展(国立新美術館

現代美術家協会による展覧会。絵画・版画・デザイン・CG・彫刻・立体造形・平面工芸・立体工芸など多岐にわたる展示、圧倒された。正直なハナシ、「現代美術ってとっつき辛そう...。」と躊躇してたけど。いがった。

 

んか、各出展者がどんな想いで作品を産み出したかと思うと。いろいろ考えてしまった。そりゃよ、ミュシャさんは偉大ですよ。でも、いまご存命じゃないじゃないですか?「アーティスト死すとも、作品は永遠に遺る。」とはいうけど、例えばのハナシ「生前、ボロボロになりながら描いた絵が一枚も売れなかった」伝説がまかり通ってるゴッホも。

①生前1枚も売れないけど、死後にカリスマになれる。

②生前ソコソコ売れるけど、死後完全に忘れられる。

→①・②どっちか選べるとしたら、②を選ぶと思うんだ。

 

それによ、同じ時代に生きてるアーティストなら。いつか会うことができる訳じゃん。山口裕美氏の名著「現代アート入門の入門(光文社新書)」でも言ってた。現代アート買うと、まんまアーティストの収入になってアーティストの励みになるって。そうやってパトロン的な立場になると会うこともできるって。

 

なんかもう、アーティストなんだかアイド

ルなんだか訳わかんないんだけど。いま会いに行ける、同じ時代に生きてるって奇跡だなと。なんか合コンの乾杯前の薄っぺらい挨拶みたいだけど、つくづくそう思う。だってよ、いくら「ピカソすげぇ!」って騒いだトコで、ピカソが喜んで新作出す訳ないんだもんな。

 

そして、いま会いたいアーティストがいた。

Perfumeファンで、素敵なイラストをTwitterにアップしてるnencoさん。nencoさんの作品が現展に展示されてるという告知を知り、せっかくだからと新美にお邪魔した。「泣く怪獣の木」、いがった。

 

と、いう事でnencoさんの新作を楽しみにしてるし。いつか会えたらいいなと思っているよ!

 

したっけね。

 

現代アート入門の入門 (光文社新書)

現代アート入門の入門 (光文社新書)